カテゴリー「p 文学@宮本輝さんの世界」の2件の記事

2007年10月21日 (日)

小説:力 ( 短編集・五千回の生死に収録・ ) ~宮本輝さんの世界を辿って

『バスは大阪駅の向かい側で停まりますわなァ。阪神百貨店のちょうど前や。

そしたらそのまま御堂筋の信号を渡って、

曾根崎警察の横の道をまっすぐ行ったら、校門の前に出るんやさかい、

なんぼあの子でも、三日も付いて行ってやったら覚えますやろ』(小説:力 より)

 

「五千回の生死」という短編集に収められた、小説「力」。

この小説を読むたびに、

大阪の曾根崎新地の路地とはどんな所なのだろうかと、思いを馳せていました。

そしてついに、訪ねてみました。

 

縦にはしるのが↓大阪のメインストリート御堂筋。右に阪神百貨店。

Tikara200710201

同じく御堂筋の左側に、曾根崎警察署。

Tikara20071020

小説の舞台は昭和20年代の終わり頃。

すっかり景色は変わってしまったのでしょうが、

御堂筋をひょこひょこ渡ってゆく少年の姿が、見えるようでした。

↓曾根崎警察署

Tikara200710207

↓警察の、裏の路地

Tikara200710206

この路地を直進してゆくと、

曾根崎お初天神通り商店街↓にぶつかり

Tikara200710205

そして、かつて曾根崎小学校であった「大阪北小学校」がすぐそこに。

Tikara200710204

しかしこの大阪北小学校、2007年3月に児童数の激減のため閉校されたそうです。

Tikara200710203

 

初めて少年が一人で登校した日のことを、少年の母が思い出して語る…

『あの日、お父ちゃんが、そっと私に言うたんや。あいつのあとを尾けて行けって。

~中略~

よっぽどのことがない限り、尾けてることはばれんようにせェって言われていたさかい、

うしろのほうでやきもきしながら隠れてたんや。

~中略~

あんたが、校門に入ったのを見届けて家に帰ってから、

一部始終をお父ちゃんに話して聞かせたんや。

お父ちゃんはお腹をかかえて笑いはった。

お父ちゃんがあんなにおかしそうに笑いはったのは、

商売がつぶれてから、あとにも先にも、あのときぐらいのもんやったろ。

よかった、よかった。あの頼りないやつでも、これでひとりで生きていけるめどがついた。

そない言うて、お前が帰って来るのをいまかいまかと待ってはったんや。』

(小説:力 より)

  

まさに、大阪の中心地。

近代的に整備された街。

でも、

この小説に描かれた、かつての街の空気が、やはりどこかに漂っているように感じられ、

一層深く、この小説に触れることができたように思いました。

 

宮本輝さんの世界」の他の記事はこちらのカテゴリーでまとめてお読みいただけます。

 

☆おまけ☆

ちなみに、ここ曾根崎、あの曾根崎心中の舞台でもあるのです~。

Tikara200710202

2007年9月11日 (火)

小説:道頓堀川~宮本輝さんの世界を辿って

「戎橋の次が道頓堀橋、その次が新戎橋、それから大黒橋に深里橋や。

ほんでから住吉橋に西道頓堀橋、幸橋となるんやけど、

その辺の橋に立って道頓堀をながめてると、

人間にとっていったい何が大望で、何が小望かが判ってくるなァ」(小説:道頓堀川より)

 

Lalaは10代の頃から宮本輝さんの小説の大ファンです。 

小説の舞台となっている大阪の街を訪ねてみたい…

ずっとそう思っていました。

 

そして今日、

道頓堀界隈を散歩してきました。

Douton20070911_2 

道頓堀のネオン↓

Douton20070928glico

とりあえず、くいだおれ↓と

Kuidaore20070911_2 

かに道楽本店はおさえましたf^_^;

Kani20070911_2

「うち、戎橋の上から通天閣をぼんやり眺めてた記憶があんねやけど、

ほんまに絶対、そこからは見えへんやろか?」(小説:道頓堀川より)

 

戎橋の上から東南の方向を見上げてみました。

やっぱり通天閣は見えませんでした(^◇^ ;) 。

 

「時間がおありやったら、わたいの店に来はらしまへんか。

日本橋の、ここからほん目と鼻の先でんがな」(小説:道頓堀川より)

 

これも実体験すべく、戎橋から日本橋まで歩いてみました。

吉本のなんばグランド花月↓の前を通り、

Yoshimoto20070911_2

千日前道具屋筋を抜けて日本橋へ……(小説とは異なる道筋ですf^_^;)

『千日前道具屋筋商店街』はかなり面白いです。

Dougu20070928

プロ向けの調理道具等が揃っています。

Dougu200709283 

Dougu200709285  

チョウチンも…

Dougu200709281_2

看板も…

Dougu200709284_2

素人さんでも買い物できるようです。

Dougu200709282_2

↓こちらは日本橋筋商店街の日栄ムセンさん。

飛行機が乗ってます(◎0◎)。

Nihonbashi20070911

日本橋は、東京でいうなら秋葉原みたいな雰囲気の電気街でした。

せっかくなので、そのままズンズン南下して

通天閣!で、とりあえず本日の終点としました。

Tsuten20070911

本当は冒頭の一節に続く

「邦ちゃんも、いっぺん幸橋の上から道頓堀をながめてみたらええ。

昼間はあかんでェ、夜や、それもいちばん賑やかな、盛りの時間や」

という言葉に従って、夜の道頓堀をながめたかったのですが、

夜の道頓堀を一人で歩く自信がまだないので~(^◇^ ;)

これは今後の課題ということにしました~。

 

◎9月後半に再度、ミナミを訪れ写真を撮り、加筆訂正しました。

その他のカテゴリー

1:English | 2:photos | 2:Shizuoka-Prefecture Japan | 2:Tokyo Japan | 3:Inogashira park zoo | 3:Kakegawa-Kachoen | 3:Shaboten park | 3:Sunshine-aquarium | 3:Tama-zoo | 3:Ueno-zoo | 4:park | 4:zoo | 55:mammalian | 5:capybara | 5:cat | 5:cat@cheetah | 5:cat@snow Leopard | 5:cat@tiger | 5:deer | 5:elephant | 5:fox | 5:giraffe | 5:golden takin | 5:hippopotamus | 5:Japanese serow | 5:monkey | 5:monkey@gorilla | 5:monkey@orangutan | 5:monkey@ruffed lemur | 5:pygmy-hippopotamus | 5:rhinoceros | 5:squirrel | 5:zebra | 6:bird | 6:cockatoo@salmon-crested-cockatoo | 6:eagle@golden eagle | 6:eagle@steller's sea eagle | 6:eagle@white tailed eagle | 6:emu | 6:falco: kestrel | 6:flamingo | 6:kookaburra | 6:macaw | 6:owl@Eurasian eagle owl | 6:owl@snowy owl | 6:peacock | 6:pheasant | 6:secretary bird | 6:shoebill | 6:stork@black stork | 6:stork@saddle billed stork | 6:turaco | 6:victoria crowned pigeon | 7:fish | 7:jellyfish | 7:mandarinfish | 7:ray | aa おしらせ | aaa ごあいさつ | b チワワの洋服 | b ドッグカフェ | b ワンコと旅行 | bc チワワのまるちゃん | c THE BOHEMIANS | c クラシック音楽 | c 歌舞伎 | c 洋画 | c 演劇 | c 美輪 明宏さん | f とべ動物園 | f アドベンチャーワールド | f カドリードミニオン | f 上野動物園 | f 井の頭公園 | f 井の頭自然文化園 | f 京都市動物園 | f 伊豆シャボテン公園 | f 千葉市動物公園 | f 埼玉県こども動物自然公園 | f 多摩動物公園 | f 天王寺動物園 | f 市原ぞうの国 | f 掛川花鳥園 | f 東山動物園 | f 松江フォーゲルパーク | f 王子動物園 | f 盛岡市動物公園 | f 那須どうぶつ王国 | g サンシャイン水族館 | g 品川アクアスタジアム | g 新江ノ島水族館 | g 浅虫水族館 | g 海遊館 | g 葛西臨海水族園 | g 須磨海浜水族園 | g 鳥羽水族館 | h レジーナの森 | h 上野公園 | h 二ノ切池公園 | h 光が丘公園 | h 公園 | h 六義園 | h 富士五湖畔 | h 小金井公園 | h 昭和記念公園 | h 服部緑地公園 | h 石神井公園 | h 神社 仏閣 | i i 鳥 | i インコ@アケボノインコ | i インコ@コンゴウインコ | i インコ@メキシコインコ | i エボシドリ | i エミュー | i オウギバト | i オウム ヨウム | i オオハシ | i オオハナインコ | i オシドリ | i カワセミ@アカショウビン | i カワセミ@ワライカワセミ | i キツツキ | i キンケイ | i クジャク | i コウノトリ@クラハシコウ | i コウノトリ@ナベコウ | i コウノトリ@ニホンコウノトリ | i コウノトリ@ハゲコウ | i コンドル | i コンドル@トキイロコンドル | i サギ | i タカ | i タカ@オオタカ | i タカ@カワリクマタカ | i タカ@クマタカ | i タカ@ノスリ | i ダチョウ | i チュウハシ | i チョウゲンボウ | i ツル | i テリムク@キンムネオナガテリムク | i トキ | i トキ@アフリカクロトキ | i ニワトリ@チャーン | i ハシビロコウ | i フクロウ | i フクロウ@オオコノハズク | i フクロウ@シロフクロウ | i フクロウ@ワシミミズク | i フラミンゴ | i ペリカン | i ペンギン | i ヨダカ | i レンカク@アフリカレンカク | i ワシ | i ワシ@イヌワシ | i ワシ@オオワシ | i ワシ@オジロワシ | i ワシ@コシジロハゲワシ | i ワシ@ダルマワシ | i ワシ@ヘビクイワシ | j j 動物 | j アザラシ | j アルパカ | j イルカ | j ウサギ | j ウシ | j ウマ | j オオカミ | j オカピ | j カバ | j カバ@カバのナミコさん | j カピバラ | j カモシカ | j カンガルー | j キツネ | j キリン | j クマ@エゾヒグマ | j クマ@ツキノワグマ | j クマ@ホッキョクグマ | j クマ@マレーグマ | j クラゲ | j コアラ | j コビトカバ | j ゴールデンターキン | j サイ | j サル | j サル@アカゲザル | j サル@エリマキキツネザル | j サル@オランウータン | j サル@ゴリラ | j サル@チンパンジー | j サル@テナガザル | j サル@リスザル | j サル@ワオキツネザル | j シカ | j シフゾウ | j シマウマ | j シロオリックス | j ジュゴン | j ゾウ | j ネコ系 | j ネコ@アジアンゴールデンキャット | j ネコ@ウンピョウ | j ネコ@サーバル | j ネコ@ジャガー | j ネコ@スナドリネコ | j ネコ@チーター | j ネコ@トラ | j ネコ@ピューマ | j ネコ@ユキヒョウ | j ネコ@ライオン | j バク | j パンダ | j ヒマラヤタール | j ブチハイエナ | j プレーリードッグ | j マナティ | j ミーアキャット | j ムフロン | j リス@その他のリス | j リス@ニホンリス | j リス@ミケリス | j レッサーパンダ | k は虫類 | l l 水族 | l イエローヘッドジョーフィッシュ | l イカ | l エイ | l カワハギ | l クマノミ | l クラゲ | l クリオネ | l タツノオトシゴ シードラゴン | l マンダリンフィッシュ | l マンボウ | l ミノカサゴ | m ぱにぽぽさん Sucre-en-Rose | m 食 | o London | o 京都 | o 兵庫 | o 和歌山 | o 大阪 | o 奈良 | o 御宿 | o 愛媛 | o 東京 | o 東北 | o 軽井沢 | p 文学 | p 文学@エッセイ | p 文学@実用 | p 文学@宮本輝さんの世界 | p 文学@小説 | s 太陽 | s 月 | s 虹 | t 大相撲 | t 野球 | v イルミネーション | v チクリン | v バラ | v リフレッシュ | v 我が家の樹 | v 散歩 | v 桜 | v 植物 | v 紅葉 | v 自然 | v 花火 | z 動画 | グルメ・クッキング | スポーツ | ペット | 住まい・インテリア | 携帯・デジカメ | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 美容・コスメ | 音楽

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

チワワの『まる』について

  • ロングコートチワワ・2008年7月7日生まれ 毛色はレッド 甘えん坊で人見知りでですが、おだやかな性格の女の子です

著作権

  • Copyright (C) 2007-2015 Lala live2 All Rights Reserved.

お知らせ

  • 写真等の無断転載、利用等はご遠慮ください。当ブログの写真を使用なさりたい方は、     lalalamumin☆yahoo.co.jpまでご連絡下さい。(☆は@に変更して送信して下さい)    また、商用でご利用の方に、当方の写真を無償で貸与することは基本的にはしておりません。 ご理解のほどよろしくお願い致します。by管理人Lala                           If you would like to use images on this blog, please contact me. lalalamumin☆yahoo.co.jp ( please replace ☆ with @.)

カメラ・レンズ

  • Canon EOS 40D (2015年12月~) Canon EOS Kiss Dx (2007年12月~)・Canon G9X・PowerShot S120/S100/S95 ・Canon Power shot A540(2006年6月頃~2007年11月)・CANON EF70-200mm F2.8L USM・CANON 100-300 f4.5-5.6・TAMRON 18-200 f3.5-6.3・TAMRON 28-75 f2.8・TAMRON 70-200 f2.8
無料ブログはココログ

カテゴリー

About me

  • Hi there! I'm Lala. I'm a Japanese living in Tokyo. I'm an English speaking licensed guide and authorized tour conductor. If you have questions, please leave comments on this blog or send me e-mails. lalalamumin☆yahoo.co.jp (please replace ☆ with @ when you send me e-mails)