カテゴリー「映画・テレビ」の6件の記事

2015年4月 6日 (月)

柴又散策 2015年4月 山田洋次ミュージアムと矢切の渡しの巻 

寅さん記念館の向かい側にあるのが

山田洋次ミュージアム

Shibamata13


↓2階の展示室へ行くエレベーターの壁紙

Shibamata12


↓展示室の入り口

Shibamata11


↓よく見ると、写真のコラージュです

Shibamata10


↓展示室

Shibamata2


↓各時代ごとの展示 これは監督デビューの頃のコーナー

Shibamata1

山田洋次監督は、寅さん以前から、

倍賞千恵子さんをたくさんの作品に起用されてきたのですね~。

 

 

展示に綴られている山田洋次監督の思いに、じーん weep

展示室は一部屋ですが、見応えがありました。

 

 

 

さて、この建物の2階から、そのまま江戸川沿いの柴又公園へと出られます。

Shibamata8

桜が満開でしたが、あいにくの暴風 typhoon

Shibamata9


江戸時代初期から続く、矢切の渡し

Shibamata7


柴又と対岸の千葉県を結ぶ渡し船で、都内に唯一残る貴重な渡し場。

現在は片道200円で乗船することができるそう。

 

この日は暴風が吹いていたので、お休みかな・・・と思ったのですが

ちゃんと運行していました。

舟にはモーターもついていて、強風時や繁忙期には

モーターも使用しているとのこと confident

Shibamata72

以上で、柴又散策終了 wink

 

私は今回初めて柴又を訪れたのですが

道に↓このような案内板が多く設置されているので

Shibamata6

迷うことなく、目的地に着くことができました。

ちなみにこの案内板には

Shibamata5

寅さん名言集が wink

 

 

 

お土産に「とらや」で草団子を購入。

自宅で開けてみると

餡子たっぷり happy01

Shibamata4_2


「団子、もしかして掘り出すの?」と、ちょっと不安になったのですが coldsweats01

↓こうして分けて、下に入っていました。

Shibamata71


お味はと言えば

観光地のお土産だからとあまり期待していなかったのですが(ゴメンナサイm(_ _)m)

とても美味しかったです。

もっとたくさん入っているモノを買えばよかった smile sweat01

Shibamata3


 

 

というわけで、柴又散策レポは終了です。

長いレポートを読んでくださってありがとうございました。

 

 

今回、下見のため柴又を訪ねたのですが

思った以上に楽しい散策となりました。*\(^o^)/*

 

 

 

 

撮影:2015/4/3

柴又散策 2015年4月 寅さん記念館の巻 

さて山本亭を後にして

次に向かったのは「寅さん記念館」

Shibamata30


看板の取り付け寅作業をしている寅さん像の下には smile

Shibamata14

 

さて中に入ってみると

Shibamata29


山田洋次監督を始め、撮影スタッフの皆さんの様子が紹介されています。

 

そしてさらに進むと

Shibamata28


寅さんの撮影に使われたセットが再現されています。

Shibamata27


なんと、くるまや菓子舗の辺りには、甘いお団子の香りがしていました~ happy02

(2012年12月から、みたらし団子/印刷インク/マドンナの匂いが

各セットに導入されているそうです)

Shibamata26

茶の間の脇で、寅さんが居眠り sleepy

Shibamata25

Shibamata24_2


Shibamata23


Shibamata22


Shibamata21


映画の世界に入り込んだような気持ちになりました happy01

 

 

↓くるまやの模型

Shibamata20_2


寅さんの実家、くるまやは、かなり広いおうちなのですね~

二階で寅さんは昼寝をしています smile

 

↓昭和30年代の帝釈天参道の街並みを再現したジオラマ

Shibamata19


とてもリアルです

Shibamata18

Shibamata17_2

↓平成13年、寅さんを演じた渥美清さんの命日8月4日に、

柴又八幡神舎古墳で寅さんそっくりの埴輪が出土!

寅さんのように帽子をかぶった埴輪は非常に珍しいとのこと。

Shibamata15

展示品は複製

Shibamata16

 

ほんとに似ていて、ちょっと笑えちゃいます (= '艸')ムププ

渥美清さんのご命日に出土だなんて、不思議なご縁ですね。

 

 

他にも寅さんに関する質問に挑戦できるコーナーや

名場面の映像が見られるコーナーなどなど

かなり盛りだくさんな展示で、

寅さんの世界にどっぷりと浸かれます wink

 

 

「男はつらいよ」のファンだった母と一緒に

テレビでよく映画を見たものでした。

 

はた迷惑で、妹にいつも心配をかけている寅さん。

たまにフラリと帰ってきては、一騒動巻き起こして・・・ coldsweats01

 

旅先で出会ったきれいな女性をすぐ好きになって、

その女性が寅さんを尋ねてきて・・・

でも毎回「いい人」のままで、結局フラレちゃって

傷心の寅さんは、また旅に出ちゃうんですよね confident

 

しょうもない感じだけど、ほんと愛すべきキャラで

私が「人情」という言葉を聞いて、すぐイメージするのは「寅さん」です happy01

 

 

今回「寅さん記念館」を訪れて、とても懐かしい気持ちになって

久しぶりに映画を観たくなりました。

 

 

つづきは山田洋次ミュージアムと矢切の渡し

 

 

撮影:2015/4/3 

2015年4月 5日 (日)

柴又散策 2015年4月 帝釈天の巻 

研修の下見のため、急きょ柴又を訪れました。

 

※写真を小さめにしていますが、

クリックすれば、大きく表示できるものもあります。

京成金町線 柴又駅。

京成金町線は、平日の通勤時間以外は

電車の本数が少な目。でものどかな雰囲気がいい感じ wink

 

Shibamata65_2

柴又駅は関東の駅100選に選ばれているそうです。

 

その柴又駅前にいるのが

フーテンの寅さん happy01

Shibamata64


この像は1999年、地元商店会と観光客の募金によって建てられたとのこと。

またふらり旅に出ようとする寅さんを、

妹のさくらが呼び止め振り返った姿なのだそうです。

「お兄ちゃん」と呼ぶ、あの声が聞こえてきそうですね happy01

 

この像の台座には山田洋次監督の言葉が刻まれています。

Shibamata63

 

駅前に観光案内所があるので、

ちょっと寄って、マップなどをゲットすると良いかもです

 

さて駅前の帝釈天参道入り口へ

Shibamata62_2

↓ちなみに入り口の左手には、柴又ハイカラ横丁 おもちゃの博物館


Shibamata61

↓参道の様子

Shibamata60


Shibamata66


↓こちらが「とらや」

Shibamata59

Shibamata58


↓参道をズンズン進むと帝釈天が見えてきました。

Shibamata57


↓柴又帝釈天(経栄山題経寺)の門

Shibamata56


↓帝釈天の大鐘楼堂

Shibamata55


↓寛永6(1629)年の開山以前から湧き続けているお水。

このお水が、題経院日栄上人がこの地に寺を開くきっかけになったのだとか。

Shibamata54


↓境内 見事な松は「瑞龍の松」

Shibamata67


帝釈堂拝殿は総けやき造り(大正4年完成)

Shibamata53_2


↓堂の内外には、たくさんの彫刻が施されている。

 

拝観料400円で彫刻と庭園が見学できます。

 

堂の外壁には、法華経説話の彫刻。

Shibamata52

Shibamata68_2


Shibamata51


寺の外壁は↓このようなギャラリー状になっていて

彫刻に風雨が当たらないように保護されています。

Shibamata50

ギャラリーから出て、回廊を進み

Shibamata49

↓邃渓園へ

Shibamata47

Shibamata46

↓お部屋の中 豪華なシャンデリアも気になりますが・・・

Shibamata45


↓横山大観!

Shibamata44


↓肝心のお庭

Shibamata43


※お庭には降りられません。左端にいるのは、庭師さんたちです。

 

↓回廊側から

Shibamata42


池には立派な錦鯉

Shibamata69


回廊の途中のご神水

Shibamata41


桜もきれいでした happy01

Shibamata39

 

この境内で寅さんは御前様に叱られたり

源公とジャレたりしていたのですね~

Shibamata70


 

 

 

というわけで、ここまでが帝釈天の巻です。

つづく

 

撮影:2015/4/3

2013年5月26日 (日)

アカゲザルさん in 井の頭自然文化園 & 映画「舟を編む」+α

井の頭自然文化園のサル山には

コザルさんたちが、たくさん跳び回っていました^^

ヒョイッッッ

Monkeys201304111

ヒョイッッッ

Monkey2013041113


ジャンプッッ

Monkey2013041114

とにかく、じっとしていないので

目まぐるしいですが^^

元気で何よりです happy01


Monkeys20130411

「サルも木から落ちる」って言うけど

落ちることなんて、本当にあるのかしら~

って、思っちゃうくらいの軽快さでした~ wink

撮影:2013/4/11

続きは、映画『舟を編む』のこと + α

続きを読む "アカゲザルさん in 井の頭自然文化園 & 映画「舟を編む」+α" »

2010年4月 9日 (金)

ラマさん in 上野動物園

だんでぃーにキメてるラマさん smile

Llama20100209

 

 

ラマさん↓:『へへ、そう言われると照れちゃうな~』

Llama201002091

 

 

ラマさんはフレンドリーな方ですが

ご機嫌がナナメのときは

ペペッッとツバ攻撃!をなさいます(⌒o⌒;A

 

お耳を後ろに倒しているときや、

イライラした様子が見えるときには、

あまり近づかないで、そっとしておいてあげて下さい^^

 

不用心に近づいて、

ぺぺぺ攻撃にあったことがあるLalaからの、お知らせでした catface

 

 

続きは 映画『フィリップ 君を愛してる!』のレビュー

続きを読む "ラマさん in 上野動物園" »

2006年11月 6日 (月)

映画 珈琲時光を観て

先日深夜に、

映画「珈琲時光」が放映されました。

小津安二郎監督生誕100周年を記念し、

「東京物語」のオマージュという形で製作された映画とか。

恥ずかしながら、小津作品、見たことがありません。

いつか、いつかと思いつつ・・・(^_^ ;)。

ともあれ、以前雑誌でこの作品の映画評を読んだ時、

なんとなく興味を感じたことを思い出し、

録画して観てみました。

主演が一青窈さんと、浅野忠信さん、というところも、

なんだかいいかも・・・と。

200611033_1

これは、たぶん大きく評価が分かれるでしょうね。

でも、私は好きです。とても。

日常。

大事件も、ゴージャスな演出も、最後のどんでん返しもありません。

淡々とした日常です。

でも、この作品を観た後には、

自分たちの日常は、なんと奇妙で貴重なのだろうかと・・・

なんと、ドラマに満ちているのだろうかと・・・

そんな気持ちが湧いてくるのです。

今度DVDを借りて、オリジナルを観てみようと思います。

その他のカテゴリー

1:English | 2:photos | 2:Shizuoka-Prefecture Japan | 2:Tokyo Japan | 3:Inogashira park zoo | 3:Kakegawa-Kachoen | 3:Shaboten park | 3:Sunshine-aquarium | 3:Tama-zoo | 3:Ueno-zoo | 4:park | 4:zoo | 55:mammalian | 5:capybara | 5:cat | 5:cat@cheetah | 5:cat@snow Leopard | 5:cat@tiger | 5:deer | 5:elephant | 5:fox | 5:giraffe | 5:golden takin | 5:hippopotamus | 5:Japanese serow | 5:monkey | 5:monkey@gorilla | 5:monkey@orangutan | 5:monkey@ruffed lemur | 5:pygmy-hippopotamus | 5:rhinoceros | 5:squirrel | 5:zebra | 6:bird | 6:cockatoo@salmon-crested-cockatoo | 6:eagle@golden eagle | 6:eagle@steller's sea eagle | 6:eagle@white tailed eagle | 6:emu | 6:falco: kestrel | 6:flamingo | 6:kookaburra | 6:macaw | 6:owl@Eurasian eagle owl | 6:owl@snowy owl | 6:peacock | 6:pheasant | 6:secretary bird | 6:shoebill | 6:stork@black stork | 6:stork@saddle billed stork | 6:turaco | 6:victoria crowned pigeon | 7:fish | 7:jellyfish | 7:mandarinfish | 7:ray | aa おしらせ | aaa ごあいさつ | b チワワの洋服 | b ドッグカフェ | b ワンコと旅行 | bc チワワのまるちゃん | c THE BOHEMIANS | c クラシック音楽 | c 歌舞伎 | c 洋画 | c 演劇 | c 美輪 明宏さん | f とべ動物園 | f アドベンチャーワールド | f カドリードミニオン | f 上野動物園 | f 井の頭公園 | f 井の頭自然文化園 | f 京都市動物園 | f 伊豆シャボテン公園 | f 千葉市動物公園 | f 埼玉県こども動物自然公園 | f 多摩動物公園 | f 天王寺動物園 | f 市原ぞうの国 | f 掛川花鳥園 | f 東山動物園 | f 松江フォーゲルパーク | f 王子動物園 | f 盛岡市動物公園 | f 那須どうぶつ王国 | g サンシャイン水族館 | g 品川アクアスタジアム | g 新江ノ島水族館 | g 浅虫水族館 | g 海遊館 | g 葛西臨海水族園 | g 須磨海浜水族園 | g 鳥羽水族館 | h レジーナの森 | h 上野公園 | h 二ノ切池公園 | h 光が丘公園 | h 公園 | h 六義園 | h 富士五湖畔 | h 小金井公園 | h 昭和記念公園 | h 服部緑地公園 | h 石神井公園 | h 神社 仏閣 | i i 鳥 | i インコ@アケボノインコ | i インコ@コンゴウインコ | i インコ@メキシコインコ | i エボシドリ | i エミュー | i オウギバト | i オウム ヨウム | i オオハシ | i オオハナインコ | i オシドリ | i カワセミ@アカショウビン | i カワセミ@ワライカワセミ | i キツツキ | i キンケイ | i クジャク | i コウノトリ@クラハシコウ | i コウノトリ@ナベコウ | i コウノトリ@ニホンコウノトリ | i コウノトリ@ハゲコウ | i コンドル | i コンドル@トキイロコンドル | i サギ | i タカ | i タカ@オオタカ | i タカ@カワリクマタカ | i タカ@クマタカ | i タカ@ノスリ | i ダチョウ | i チュウハシ | i チョウゲンボウ | i ツル | i テリムク@キンムネオナガテリムク | i トキ | i トキ@アフリカクロトキ | i ニワトリ@チャーン | i ハシビロコウ | i フクロウ | i フクロウ@オオコノハズク | i フクロウ@シロフクロウ | i フクロウ@ワシミミズク | i フラミンゴ | i ペリカン | i ペンギン | i ヨダカ | i レンカク@アフリカレンカク | i ワシ | i ワシ@イヌワシ | i ワシ@オオワシ | i ワシ@オジロワシ | i ワシ@コシジロハゲワシ | i ワシ@ダルマワシ | i ワシ@ヘビクイワシ | j j 動物 | j アザラシ | j アルパカ | j イルカ | j ウサギ | j ウシ | j ウマ | j オオカミ | j オカピ | j カバ | j カバ@カバのナミコさん | j カピバラ | j カモシカ | j カンガルー | j キツネ | j キリン | j クマ@エゾヒグマ | j クマ@ツキノワグマ | j クマ@ホッキョクグマ | j クマ@マレーグマ | j クラゲ | j コアラ | j コビトカバ | j ゴールデンターキン | j サイ | j サル | j サル@アカゲザル | j サル@エリマキキツネザル | j サル@オランウータン | j サル@ゴリラ | j サル@チンパンジー | j サル@テナガザル | j サル@リスザル | j サル@ワオキツネザル | j シカ | j シフゾウ | j シマウマ | j シロオリックス | j ジュゴン | j ゾウ | j ネコ系 | j ネコ@アジアンゴールデンキャット | j ネコ@ウンピョウ | j ネコ@サーバル | j ネコ@ジャガー | j ネコ@スナドリネコ | j ネコ@チーター | j ネコ@トラ | j ネコ@ピューマ | j ネコ@ユキヒョウ | j ネコ@ライオン | j バク | j パンダ | j ヒマラヤタール | j ブチハイエナ | j プレーリードッグ | j マナティ | j ミーアキャット | j ムフロン | j リス@その他のリス | j リス@ニホンリス | j リス@ミケリス | j レッサーパンダ | k は虫類 | l l 水族 | l イエローヘッドジョーフィッシュ | l イカ | l エイ | l カワハギ | l クマノミ | l クラゲ | l クリオネ | l タツノオトシゴ シードラゴン | l マンダリンフィッシュ | l マンボウ | l ミノカサゴ | m ぱにぽぽさん Sucre-en-Rose | m 食 | o London | o 京都 | o 兵庫 | o 和歌山 | o 大阪 | o 奈良 | o 御宿 | o 愛媛 | o 東京 | o 東北 | o 軽井沢 | p 文学 | p 文学@エッセイ | p 文学@実用 | p 文学@宮本輝さんの世界 | p 文学@小説 | s 太陽 | s 月 | s 虹 | t 大相撲 | t 野球 | v イルミネーション | v チクリン | v バラ | v リフレッシュ | v 我が家の樹 | v 散歩 | v 桜 | v 植物 | v 紅葉 | v 自然 | v 花火 | z 動画 | グルメ・クッキング | スポーツ | ペット | 住まい・インテリア | 携帯・デジカメ | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 美容・コスメ | 音楽

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

チワワの『まる』について

  • ロングコートチワワ・2008年7月7日生まれ 毛色はレッド 甘えん坊で人見知りでですが、おだやかな性格の女の子です

著作権

  • Copyright (C) 2007-2015 Lala live2 All Rights Reserved.

お知らせ

  • 写真等の無断転載、利用等はご遠慮ください。当ブログの写真を使用なさりたい方は、     lalalamumin☆yahoo.co.jpまでご連絡下さい。(☆は@に変更して送信して下さい)    また、商用でご利用の方に、当方の写真を無償で貸与することは基本的にはしておりません。 ご理解のほどよろしくお願い致します。by管理人Lala                           If you would like to use images on this blog, please contact me. lalalamumin☆yahoo.co.jp ( please replace ☆ with @.)

カメラ・レンズ

  • Canon EOS 40D (2015年12月~) Canon EOS Kiss Dx (2007年12月~)・PowerShot S120/S100/S95 ・Canon Power shot A540(2006年6月頃~2007年11月)・CANON EF70-200mm F2.8L USM・CANON 100-300 f4.5-5.6・TAMRON 18-200 f3.5-6.3・TAMRON 28-75 f2.8・TAMRON 70-200 f2.8
無料ブログはココログ

カテゴリー

About me

  • Hi there! I'm Lala. I'm a Japanese living in Tokyo. I'm an English speaking licensed guide and an authorized tour conductor. If you have questions about sightseeing in Japan, please leave comments on this blog or send me e-mails. lalalamumin☆yahoo.co.jp (please replace ☆ with @ when you send me e-mails)