カテゴリー「o 奈良」の4件の記事

2015年3月19日 (木)

法隆寺 五重塔

法隆寺を代表する建築 「五重塔」

7世紀末~8世紀初(飛鳥時代) 国宝 shine

Horyujigojyunoto20150218

古代インドで仏舎利(釈迦の遺骨)を祀るために造られた塔を仏塔といい、

五重塔はその一つの形式で、五重の屋根を持つ塔。

 

五重塔は全体を心柱が貫く構造になっていて

その心柱を支えているのは、地下にある大礎石。

礎石の上部に舎利容器などが納められており、

舎利容器の中には釈迦の遺骨6粒が入っているとのこと confident

 

この五重塔は、現存する世界最古の木造建築による五重塔 shine

 

およそ1300年間昔の木造の高層建築物が

地震や火事で失われることなく現存しているって、ホントすごい sign03

これからも大切に保存していかなくてはならない宝ですね confident

Horyujigojyunoto201502181


 

 

 

撮影:2015/2/18

2015年3月13日 (金)

法隆寺

旅行二日目は、奈良観光 shine
 
京都駅からJR奈良線で奈良駅に行き
 
そこからJR関西本線王寺行きに乗って法隆寺駅へ(所要約1時間20分)
 
法隆寺駅の案内所で「三塔周辺MAP」をいただき、徒歩で法隆寺へ(所要約15分)
 
Horyuji20150218
 
↓参道入り口近くにある「法隆寺iセンター(斑鳩町観光協会)
 
Horyuji201502181
 
ここで、事前に予約しておいた「斑鳩の里 観光ボランティア」のガイドさんと待ち合わせ。
 
下調べをしていた際
 
「法隆寺は見どころがたくさんあるので
 
斑鳩の里 観光ボランティアのガイドさんに案内していただくことがオススメ!」
 
という情報を見つけたので、さっそくウェブで予約。
 
 
予約後、センターの方から「予約確認」の連絡があり、
 
数日後、担当してくださるガイドさんが確定したら、「予約確定」のご連絡をいただけます。
 
繁忙期はとくに、予約がオススメ!ですnote
 
とても丁寧に分かりやすく、そして楽しくガイドしてくださいました。
 
「無料なんてほんと、申し訳ないです~」という感じでした。感謝です~ happy01
 
 
↓法隆寺の参道
 
Horyuji201502182
 
 
↓南大門(国宝 室町時代に再建)をくぐり
 
Horyuji201502184
 
境内に入った際の印象は
 
Horyuji201502185
 
「中国っぽい」・・・でした
 
 
Horyuji201502186
 
中国に行ったことないですけど・・・coldsweats01
 
映画などで見る「昔の中国」のイメージと重なったのです。
 
建物が低く、広いスペースをとって配置されている感じとか・・・confident
 
 
 
そして↓こちらは中門(国宝)
 
Horyuji201502183
 
中門は7世紀末~8世紀前半(飛鳥時代)に建てられたもの。
 
法隆寺の中心的な伽藍「西院伽藍」の入り口正面に位置する門。
 
法隆寺に残っている貴重な飛鳥建築の4つのうちの1つ。
 
Horyuji201502187
 
中門の左右には金剛力士像(奈良時代)重要文化財
 
Horyuji201502188_3 Horyuji201502189_3
 
 
↓西院伽藍を取り囲む回廊(国宝)
 
Horyuji2015021810
 
7世紀末~8世紀初め(飛鳥時代)に建造。
 
法隆寺に残る飛鳥建築の1つ。
 
エンタシスの柱、
 
真っすぐではなく、やや虹のようにカーブしている梁
 
格子の入った「連子窓」などが特徴
 
Horyuji2015021813
 
↓大講堂側から撮った 金堂と五重塔
 
Horyuji2015021812
 
この日も変わりやすい天気で、急に恐ろしげな空模様になりました cloud
 
(でも雨はぱらっと降っただけでした wink
 
 
はぁぁ・・・ここまで書いて、ちょっとくたびれちゃいました coldsweats01
 
 
 
今日はここまでにして、また今度続きを書きます~ catface
 
撮影:2015/2/18

2008年5月 6日 (火)

春日大社の燈籠 in 奈良 20080504

春日大社には、たくさんの燈籠があります。

Kasuga2008050411

境内にはおよそ3000基もあるとか・・・

Kasuga2008050412

これらは、800年の昔から今日に至るまで、

藤原氏をはじめ、広く一般国民から奉納されたものだそうです。

Kasuga2008050416_2 

節分と中元(8月14日、15日)の万燈籠には

すべての燈籠に火が入るとのこと・・・shine

Kasuga2008050413

万燈籠・・・ぜひ見てみたいです

Kasuga2008050415

  

↓春日大社の森の中にいるシカさんたちは控えめな様子。

でも、この視線に・・・

Kasuga2008050417

2008年5月 5日 (月)

春日大社 in 奈良 20080504

奈良の春日大社に行ってきました。

藤の花が、満開でした。

Kasuga20080504

↓こちらが有名な

樹齢800年「砂ずりの藤」・・・のほんの一部^^;

何しろすごい人だかりでして・・・

最長で1m70cmもの花房が下がるそうです~

Kasuga200805049_2

新緑も、もちろんとても美しかったです^^

Kasuga200805048   

好天のG.W.とあって、

参道や本殿のあたりは相当な人出でしたが、

奥の院の参道などは

ひっそりと、静けさも感じられました^^

Kasuga200805045

春日大社周辺のシカさん達とも、遊んできました^^

Kasuga200805046

奈良公園あたりにいるシカさん達は、

さすがに、

人にも鹿せんべいにも飽きちゃってたようでしたが・・・

その他のカテゴリー

1:English | 2:photos | 2:Shizuoka-Prefecture Japan | 2:Tokyo Japan | 3:Inogashira park zoo | 3:Kakegawa-Kachoen | 3:Shaboten park | 3:Sunshine-aquarium | 3:Tama-zoo | 3:Ueno-zoo | 4:park | 4:zoo | 55:mammalian | 5:capybara | 5:cat | 5:cat@cheetah | 5:cat@snow Leopard | 5:cat@tiger | 5:deer | 5:elephant | 5:fox | 5:giraffe | 5:golden takin | 5:hippopotamus | 5:Japanese serow | 5:monkey | 5:monkey@gorilla | 5:monkey@orangutan | 5:monkey@ruffed lemur | 5:pygmy-hippopotamus | 5:rhinoceros | 5:squirrel | 5:zebra | 6:bird | 6:cockatoo@salmon-crested-cockatoo | 6:eagle@golden eagle | 6:eagle@steller's sea eagle | 6:eagle@white tailed eagle | 6:emu | 6:falco: kestrel | 6:flamingo | 6:kookaburra | 6:macaw | 6:owl@Eurasian eagle owl | 6:owl@snowy owl | 6:peacock | 6:pheasant | 6:secretary bird | 6:shoebill | 6:stork@black stork | 6:stork@saddle billed stork | 6:turaco | 6:victoria crowned pigeon | 7:fish | 7:jellyfish | 7:mandarinfish | 7:ray | aa おしらせ | aaa ごあいさつ | b チワワの洋服 | b ドッグカフェ | b ワンコと旅行 | bc チワワのまるちゃん | c THE BOHEMIANS | c クラシック音楽 | c 歌舞伎 | c 洋画 | c 演劇 | c 美輪 明宏さん | f とべ動物園 | f アドベンチャーワールド | f カドリードミニオン | f 上野動物園 | f 井の頭公園 | f 井の頭自然文化園 | f 京都市動物園 | f 伊豆シャボテン公園 | f 千葉市動物公園 | f 埼玉県こども動物自然公園 | f 多摩動物公園 | f 天王寺動物園 | f 市原ぞうの国 | f 掛川花鳥園 | f 東山動物園 | f 松江フォーゲルパーク | f 王子動物園 | f 盛岡市動物公園 | f 那須どうぶつ王国 | g サンシャイン水族館 | g 品川アクアスタジアム | g 新江ノ島水族館 | g 浅虫水族館 | g 海遊館 | g 葛西臨海水族園 | g 須磨海浜水族園 | g 鳥羽水族館 | h レジーナの森 | h 上野公園 | h 二ノ切池公園 | h 光が丘公園 | h 公園 | h 六義園 | h 富士五湖畔 | h 小金井公園 | h 昭和記念公園 | h 服部緑地公園 | h 石神井公園 | h 神社 仏閣 | i i 鳥 | i インコ@アケボノインコ | i インコ@コンゴウインコ | i インコ@メキシコインコ | i エボシドリ | i エミュー | i オウギバト | i オウム ヨウム | i オオハシ | i オオハナインコ | i オシドリ | i カワセミ@アカショウビン | i カワセミ@ワライカワセミ | i キツツキ | i キンケイ | i クジャク | i コウノトリ@クラハシコウ | i コウノトリ@ナベコウ | i コウノトリ@ニホンコウノトリ | i コウノトリ@ハゲコウ | i コンドル | i コンドル@トキイロコンドル | i サギ | i タカ | i タカ@オオタカ | i タカ@カワリクマタカ | i タカ@クマタカ | i タカ@ノスリ | i ダチョウ | i チュウハシ | i チョウゲンボウ | i ツル | i テリムク@キンムネオナガテリムク | i トキ | i トキ@アフリカクロトキ | i ニワトリ@チャーン | i ハシビロコウ | i フクロウ | i フクロウ@オオコノハズク | i フクロウ@シロフクロウ | i フクロウ@ワシミミズク | i フラミンゴ | i ペリカン | i ペンギン | i ヨダカ | i レンカク@アフリカレンカク | i ワシ | i ワシ@イヌワシ | i ワシ@オオワシ | i ワシ@オジロワシ | i ワシ@コシジロハゲワシ | i ワシ@ダルマワシ | i ワシ@ヘビクイワシ | j j 動物 | j アザラシ | j アルパカ | j イルカ | j ウサギ | j ウシ | j ウマ | j オオカミ | j オカピ | j カバ | j カバ@カバのナミコさん | j カピバラ | j カモシカ | j カンガルー | j キツネ | j キリン | j クマ@エゾヒグマ | j クマ@ツキノワグマ | j クマ@ホッキョクグマ | j クマ@マレーグマ | j クラゲ | j コアラ | j コビトカバ | j ゴールデンターキン | j サイ | j サル | j サル@アカゲザル | j サル@エリマキキツネザル | j サル@オランウータン | j サル@ゴリラ | j サル@チンパンジー | j サル@テナガザル | j サル@リスザル | j サル@ワオキツネザル | j シカ | j シフゾウ | j シマウマ | j シロオリックス | j ジュゴン | j ゾウ | j ネコ系 | j ネコ@アジアンゴールデンキャット | j ネコ@ウンピョウ | j ネコ@サーバル | j ネコ@ジャガー | j ネコ@スナドリネコ | j ネコ@チーター | j ネコ@トラ | j ネコ@ピューマ | j ネコ@ユキヒョウ | j ネコ@ライオン | j バク | j パンダ | j ヒマラヤタール | j ブチハイエナ | j プレーリードッグ | j マナティ | j ミーアキャット | j ムフロン | j リス@その他のリス | j リス@ニホンリス | j リス@ミケリス | j レッサーパンダ | k は虫類 | l l 水族 | l イエローヘッドジョーフィッシュ | l イカ | l エイ | l カワハギ | l クマノミ | l クラゲ | l クリオネ | l タツノオトシゴ シードラゴン | l マンダリンフィッシュ | l マンボウ | l ミノカサゴ | m ぱにぽぽさん Sucre-en-Rose | m 食 | o London | o 京都 | o 兵庫 | o 和歌山 | o 大阪 | o 奈良 | o 御宿 | o 愛媛 | o 東京 | o 東北 | o 軽井沢 | p 文学 | p 文学@エッセイ | p 文学@実用 | p 文学@宮本輝さんの世界 | p 文学@小説 | s 太陽 | s 月 | s 虹 | t 大相撲 | t 野球 | v イルミネーション | v チクリン | v バラ | v リフレッシュ | v 我が家の樹 | v 散歩 | v 桜 | v 植物 | v 紅葉 | v 自然 | v 花火 | z 動画 | グルメ・クッキング | スポーツ | ペット | 住まい・インテリア | 携帯・デジカメ | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 美容・コスメ | 音楽

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

チワワの『まる』について

  • ロングコートチワワ・2008年7月7日生まれ 毛色はレッド 甘えん坊で人見知りでですが、おだやかな性格の女の子です

著作権

  • Copyright (C) 2007-2015 Lala live2 All Rights Reserved.

お知らせ

  • 写真等の無断転載、利用等はご遠慮ください。当ブログの写真を使用なさりたい方は、     lalalamumin☆yahoo.co.jpまでご連絡下さい。(☆は@に変更して送信して下さい)    また、商用でご利用の方に、当方の写真を無償で貸与することは基本的にはしておりません。 ご理解のほどよろしくお願い致します。by管理人Lala                           If you would like to use images on this blog, please contact me. lalalamumin☆yahoo.co.jp ( please replace ☆ with @.)

カメラ・レンズ

  • Canon EOS 40D (2015年12月~) Canon EOS Kiss Dx (2007年12月~)・Canon G9X・PowerShot S120/S100/S95 ・Canon Power shot A540(2006年6月頃~2007年11月)・CANON EF70-200mm F2.8L USM・CANON 100-300 f4.5-5.6・TAMRON 18-200 f3.5-6.3・TAMRON 28-75 f2.8・TAMRON 70-200 f2.8
無料ブログはココログ

カテゴリー

About me

  • Hi there! I'm Lala. I'm a Japanese living in Tokyo. I'm an English speaking licensed guide and authorized tour conductor. If you have questions, please leave comments on this blog or send me e-mails. lalalamumin☆yahoo.co.jp (please replace ☆ with @ when you send me e-mails)