« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月30日 (月)

ユキヒョウのフクちゃん in 多摩動物公園

フクちゃん↓:『ボク、岩の壁面登りも上手になったんだよ~ happy01
 
Snowleopard_fuku201806
 
 
フクちゃん↓:『おっっと sweat01
 
Snowleopard_fuku2018061
 
 
Lala:『わぁお・・・ハラハラしちゃうよ・・・coldsweats01
 
 
フクちゃん↓:『ボク、平気だもん。でも、ここはちょっと難しいな・・』
 
Snowleopard_fuku2018062
 
 
フクちゃん:↓『そうだ、こっちだった!』
 
Snowleopard_fuku2018063
 
 
フクちゃん↓:『よいしょっと』
 
Snowleopard_fuku2018065
 
 
フクちゃん↓:『ね、ちゃんと登れたでしょ?』
 
Snowleopard_fuku2018067
 
 
Lala:『そ、そうだね、登れたね coldsweats01
 
 
フクちゃん↓:『うぉっと sweat01
 
Snowleopard_fuku2018068
 
 
フクちゃん↓:『よいしょっっ』
 
Snowleopard_fuku2018069
 
 
Lala:『右側を登った方が楽そうだけどねぇ・・・ catface
 
 
 
フクちゃん↓:『登ったら、ボク、ちょっと疲れちゃった gawk
 
Snowleopard_fuku20180610
 
 
ユキヒョウさんたちは元来とても機敏で、
 
岩壁を軽快に登ったり飛び降りたりします。
 
 
でもフクちゃんは、
 
その辺りの発達があまり良くなくて、 
 
自然界に生まれていたら、
 
生き残るのが難しかっただろう、と言われることもあります catface
 
 
でもフクちゃんなりに一生懸命がんばっているので、
 
無理と思われた壁登りもできるようになりました。
 
ときどきママにつられて高い所から飛び降りたりもして、
 
見学者を喜ばせたり happy02、心配させたり coldsweats02しています。
 
 
 
撮影:2018/6
 
 
※余談※
 
日常生活の中では英語を使う機会がないので、
 
家事をする時など、
 
あまり集中力を必要としないときは
 
英米のニュース番組を聞き流して、
 
せめて音に慣れているようにしています。
 
 
音楽を聞きたいときもあるのですが、
 
一度音楽を聞いてしまうと、
 
ずっと聞いていたくなってしまう・・・ coldsweats01
 
 
とくに日本語の曲はハマッてしまいやすいので、
 
極力聞かないようにしています catface sweat01
 
 
でも自分の意図しないところで音楽に触れ、
 
どうしても聞きたくなってしまうことがあります coldsweats02
 
 
先日、
 
pacapyさんが観ていたドラマで
 
サンボマスターが流れました。 
 
 
サンボマスターの歌は禁断なのに catface sweat02
 
 
ちょっと男臭い系ロックが大好きなので、
 
サンボマスターはド真ん中。
 
 
人気のバンドなので、 
 
これまでも曲を耳にすることはあったのですが、
 
危険過ぎるので、
 
なるべく聞かないようにしていたのです catface sweat02 sweat02
 
 
でももう遅い・・・
 
頭の中をぐるぐるぐるぐる曲が回る上に、
 
ちゃんと歌詞を知らないので、
 
いい加減な歌がぐるぐるぐるぐる・・・ typhoon typhoon typhoon
 
 
仕方がないので、itune storeで買ってしまいました。
 
「できっこないをやらなくちゃ」と「ラブソング」
 
(ドラマで使われていたのは、「できっこない・・・」だけでしたが^^;;;)
 
 
 
とても良いです♪
 
 
いつかライブにも行ってみたい・・・
 
けど、あの熱気に耐えられるか不安 coldsweats01

2018年7月28日 (土)

コウノトリのピヨコさん in 多摩動物公園

Lala:『あ、綿ぼこりの塊が・・・』 
 
Stork201806
 
 
むくっっっ
 
 
Stork2018061
 
 
 
ピヨコさん↓:『綿ぼこりじゃないもん!』
 
Stork2018062
 
 
2018年6月2日に孵化したピヨコさんでした^^
 
 
元気にすくすく大きくなぁれ♪
 
 
撮影:2018/6

2018年7月26日 (木)

大人のけんかが終わるまで in シアタークリエ と ミッドタウン日比谷周辺

Crea
 
都民劇場の定期公演で、 
 
シアタークリエで「大人のけんかが終わるまで」を観てきました。
 
 
都民劇場の新劇サークルの会員は、 
 
半年に5つの舞台を選んで観ることができます。
 
 
今クールは、 
 
Kバレエ団のクレオパトラ
 
ワールドツアーカンパニーのエビータ、コーラスライン、
 
三谷幸喜氏の「酒と涙とジキルとハイド」
 
が私のお目当て happy01 heart04
 
 
あと一つは
 
「鈴木京香さんの美貌と、北村さんの美声」に興味津々で、
 
こちらをチョイスしました。
 
 
フランスの女流劇作家のコメディで、
 
破局寸前の不倫カップルと、
 
偶然居合わせた、カップルの男の妻の友人、その夫、夫の老いた母親、
 
5人が一夜に繰り広げる口論が描かれた作品。
 
 
 
感想は・・・
 
うーん・・・残念ながら私は,
 
ヒステリックにかみ合わない口論を延々と続ける展開に
 
ついて行かれなかったんです~ coldsweats01 sweat01
 
 
こういう作品って、
 
うまく流れに乗れないと、
 
「筋が通らない、理不尽な感じ」を楽しめないのかもですね catface sweat01 sweat01
 
 
あと私はフランスの演劇作品をあまり観ていないので、 
 
その雰囲気とか設定とかにうまく馴染めなかったのかも知れません・・・catface sweat01
 
コメディでしたから、とくに catface
 
 
 
ただ麻実れいさんは、
 
さすが舞台で生きてきた方だけあって、
 
一人異次元にいるような感じがあり、目が離せませんでした happy01
 
 
麻実れいさん、
 
宝塚のトップスターだったときに、何度か公演を拝見しました。
 
アンジェリクで演じていたフィリップ、とくに素敵だったな~ lovely heart04
 
まだ幼い子どもの時分に観たのですが、
 
強く印象に残っています happy01 shine
 
遥くららさんとのコンビが大好きでした。
 
 
と、話がそれましたm(_ _)m
 
 
さて今回のお芝居のカーテンコールの時、
 
演出で使われた羽毛?みたいなものが舞台にチラついていました。
 
それを麻実さんが捉えて、
 
隣にいた北村さんに「ハイ」と手渡しました。
 
観客は
 
何かするのだろう(演出の一つ)と思って、
 
手をたたくのを止めて北村さんに注目 eye shine eye shine eye shine eye  shine eye
 
 
でも、とくにそんな予定はなかったようで、
 
北村さん困惑・・・sweat02 sweat02 sweat02
 
シーンと静まりかえる劇場・・・ coldsweats01
 
 
フッと羽毛を客席に吹き飛ばし、
 
麻実さんがとりなして、皆笑って、また拍手再開・・・ happy01 paper
 
 
あの時の
 
「えええぇぇぇぇぇぇっっっどうしろって言うのっ」
 
っていう北村さんの様子は、
 
申し訳ないですが、ほんと面白かったです smile sweat01
 
 
 
 
 
 
帰りにミッドタウン日比谷に寄ってきました
 
Midtownhibiya
 
下に見えているのはTOKYO2020のマスコットハウス
 
Midtownhibiya1
 
もうあと2年なんですね
 
Midtownhibiya2
 
 
 
 
この日も猛烈に暑かった sun ので、
 
地下を通って日比谷シャンテへ foot
 
 
連絡通路にはスターの手形 paper
 
Hibiya
 
東宝発祥の地、日比谷にシャンテが出来たのが1987年。
 
「映画、演劇の街、日比谷にふさわしいモニュメントを」ということで
 
スターの手形のレリーフが集められたのだとか。
 
 
そして今年、シャンテ30周年記念リニューアルで
 
シャンテ前の広場は「日比谷ゴジラスクエア」となり、
 
レリーフはこちらに移されたのだそうです。
 
 
近々また、日比谷に行く予定があるので、
 
その時には新しいゴジラも撮れるかな・・・ coldsweats01
 
 
 
ちなみにリニューアルされる前のゴジラ像は、
 
現在のものより控えめな感じでした。
 
でも日本好き外国人の間では有名だったようです。
 
 
15年ほど前、福岡に暮らしていたときにも、
 
カナダ人の英会話講師に
 
「今度東京行くんだけど、ゴジラ像ってどこのあるの?」と訊かれしました。
 
その時私はその存在すら知らなくて、
 
「東京にゴジラ像なんてあるの?」と訊き返してしまったのですが coldsweats01
 
 
怪獣とかゴジラとかには、私自身はあまり興味がないのですが、
 
外国人に人気なので、
 
最近は、一応、情報は押さえておくようにしています。
 
ゴジラも日本の文化、なんですよね coldsweats01
 
 
以上、日比谷レポート?でした
 
長々と失礼しました m(_ _)m
 
撮影:2018/7

2018年7月23日 (月)

ユキヒョウのミミちゃんとフクちゃん in 多摩動物公園

 
ミミちゃん(右)↓:『待てっっ paper!』
 
Snowleopard201806
 
 
 
ミミちゃん↓『つっかまえたっっっ bleah!』
 
Snowleopard2018061
 
 
 
フクちゃん(左)↓『ママぁ、放してよ~ catface
 
Snowleopard2018062
 
 
 
フクちゃん、大きくなったけど、
 
まだまだママには勝てないね coldsweats01
 
 
 
撮影:2018/6

2018年7月20日 (金)

ミュージカル エビータ in シアターオーブ

シアターオーブでミュージカルエビータを観てきました happy01
 
Evita201807_3
 
 
ブロードウェイやウエストエンドで活躍している役者さんたちが出演し、
 
1978年初演時のオリジナル演出による公演とのこと shine
 
 
アンドリューロイドウェバーの楽曲はとても好きなので、
 
CDでエビータの曲もしばしば聴いていたのですが、
 
ミュージカルも映画も観たことがありませんでしたcoldsweats01
 
 
エビータについても、
 
女優さんで、大統領夫人になって、民衆にとても人気があった人、
 
程度の知識しかなく、
 
「グレースケリーのような感じ?」
 
という、
 
かなりテキトーなイメージを持ったまま、開演を迎えました coldsweats02
 
 
Evita2018071
 
 
始まるやいなや、
 
進行役チェの歌唱力にびっくり!!!
 
ささやくように歌っているのに、
 
響く、艶のある声!
 
一気に心をつかまれて、
 
たちまちミュージカルの世界に没頭してしまいました happy02 shine
 
 
私は存じ上げなかったのですが、
 
チェを演じたのはラミン・カリムルーさんという、
 
ミュージカル界のスーパースターだそうです shine
 
 
 
どの楽曲も素晴らしかったのですが、 
 
Don't cry for me Argentina、
 
Another suitcase in another hall
 
など、とくに大好きな曲を、
 
生オーケストラで聴けて、それだけでも感動してウルウルしちゃいました weep heart04 
 
 
エビータ役のエマ・キングストンさんは、
 
小柄だけどとってもパワフル!
 
ミストレス役のイザベラ・ジェーンさんの清らかで美しい声、
 
どちらもさすがだな~と思いました happy01
 
 
 
また、当時の映像を多用した演出のおかげで、
 
時代背景や民衆の熱狂などをよく理解することもできました confident
 
 
とても見応えのあるミュージカルで、
 
見終えた後の満足感、余韻が
 
ハンパなかったです~ happy02 shine
 
 
 
 
しかし一方で、ストーリーにはとても驚かされました bomb
 
 
アルゼンチンの田舎で
 
私生児として生まれた身分の低い女性が、
 
恋人たちを利用して女優として成り上がり、
 
とうとう大統領夫人にまでなった。
 
 
特権階級が冨を独占する世の中、
 
疲弊した民衆の心をつかみ、
 
労働組合を味方につけ、
 
エビータ(エヴァ)はアルゼンチン民衆の希望の星のような存在になった。
 
 
バラマキともいえる経済政策を実行し、
 
ますます民衆の人気を得たが、
 
政治経済の混乱を、そう簡単に解決することはできない。 
 
 
 
反対勢力である上流階級や軍部を抑えるためにも、
 
エビータは副大統領となることを目指す。
 
 
しかし病気により断念。
 
33歳の若さで亡くなった。
 
アルゼンチン国民の嘆きは計り知れないものだった。
 
 
 
という感じの内容で、
 
エビータのことも、アルゼンチンのことも、
 
どこか突き放した描き方でした sweat02
 
 
タイトルロールがエビータなのだから、
 
当然彼女を称賛する立場から描かれていると思っていたので、
 
野心家の悪女という捉え方にはびっくりしました coldsweats02
 
 
イギリスにおいてのエヴァの評価は
 
このような感じだったのでしょうかね~ think
 
 
イギリスは
 
アルゼンチンとの関係が良くなかったから?
 
あるいは、
 
ヨーロッパ以外の国を、見下すような感じだったから?
 
 
 
 
 
どの視点から見るかで、
 
人生は相当違う評価になるのだろうと思います。
 
とくに彼女は政治的なアイコンだったので、
 
それが顕著なのだろうとも思います think
 
 
よってミュージカルエビータを、
 
ごく単純に、
 
「この作品、好き~」とは言えないです coldsweats01
 
 
でも、非常に強い引力があって、
 
たちまち心をつかまれ、
 
もっと観たい、もっと知りたい、という気持ちにさせられます。
 
これは楽曲などの素晴らしさだけでなく、
 
民衆に慕われた、エヴァの魅力ゆえなのかも~ confident
 
 
 
またぜひ観たい作品です!
 
 
 
 
 
今回も都民劇場さんでチケットを手配して頂きました。
 
1階の左手後方。
 
とても観やすくて良いお席でした^^。
 
感謝です♪
 
 
 
 
長いレポートを読んでくださって、ありがとうございましたm(_ _)m
 
 
 
※余談※
 
この猛暑の中、着物で観劇^^;
 
(都心での観劇は、乗り物に乗るまでが暑いだけですも~ん^^;;;)
 
Evita2018072_2
 
(あちこち着付けがダメなところありますが、ご容赦ください^^;;;)
 
 
どうしても着物で出かけたい!という、
 
この、わけの分からない情熱^^;;;
 
 
 
すっかり着物に夢中です^^
 
 
 
早く涼しくなってくれないかしら~
 
もっとアチコチ着物でお出かけしたいです~wink

2018年7月16日 (月)

レッサーパンダさん in 多摩動物公園

むむ、ねじれてる?それとも2匹いるの?

Redpanda2018062
 
 
あ、ねじれてたのね^^;
 
Redpanda2018061
 
 
 
撮影:2018/6

2018年7月10日 (火)

コアラのコタロウくん in 多摩動物公園

 
コタロウくん↓:『あ~気になる、気になる~』
 
Koala201806  
 
コタロウくん↑:『飼育員さん、ちゃんとボクのお気に入りのところに、オヤツ置いてくれるかなぁ』
 
 
 
コタロウくん↓:『気になっちゃって、落ち着かないよ』
 
Koala2018061
 
 
 
Lala:『飼育員さん、オヤツをどっさり置いてくれたね~よかったね~』
 
 
コタロウくん↓:『うん^^ ボク、ホッとした』
 
Koala2018062
 
 
 
Lala:『あれ、コタロウくん、なんだか表情がなくなっちゃったけど・・・』
 
Koala2018063
 
 
 
コタロウくん↓:『ふぁ~~~~』
 
Koala2018064
 
 
 
コタロウくん↓:『ムニャムニャ・・・zzzzzz』
 
Koala2018066
 
 
あんなにオヤツを気にしてたのに、 
 
ほとんど食べずに眠ってしまいました^^;
 
動き回ったら、疲れちゃったんでしょうかね^^;;;
 
 
おっとりしたコタロウくん、とてもかわいいです^^
 
 
 
撮影:2018/6

2018年7月 7日 (土)

氏神さまと原口選手

◎大雨の被害に遭われた皆様に、
心よりお見舞い申し上げます。
どうかくれぐれも安全第一でお過ごしください。
 
 
 
大祓の茅の輪が設置されている氏神さま
 
Shinto_shrine201807
 
境内には数本のイチョウの大木。
 
とくに左に写っているご神木は、
 
境内の空を覆うように枝を広げているので、 
 
見上げると、包み込まれるような気持ちになります。
 
 
 
この日は雨だったので、
 
静かで、しっとりとしていて、いつも以上に心なごむ参拝となりました。
 
観光名所となっている神社をお詣りするのも楽しいですが、
 
氏神様の参拝は、また違った充実感があります。
 
なので月一度は足を運ぶことにしています。
 
 
ちなみに、私はどこの寺社を訪れた場合も、
 
祈願はせず、感謝の気持ちを捧げるだけです。
 
それが一番しっくりきて、気持ちいいです。
 
 
 
ところでこちらの神社は、
 
サッカー日本代表、原口元気選手との縁が深いそうです。
 
境内に展示もいろいろ。
 
Shinto_shrine2018072
 
 
 
Shinto_shrine2018071
 
 
W杯でも守備に攻撃に、大活躍だった原口選手。 
 
ベルギー戦のシュート!目に焼き付いています!!
 
Shinto_shrine2018073
 
さらなるご活躍、応援しています!!!
 
 
スマホカメラで撮影したため、
 
長細い画像で、失礼しましたm(_ _)m
 
撮影:2018/7

2018年7月 5日 (木)

レッサーパンダのかのこちゃん in 多摩動物公園

かのちゃん↓:『はむっっっっ』 
Redpanda201806
 
 
多摩のレッサーさん、6月にベビちゃんが誕生したそうです!
 
タオファちゃんとフランケンくんのベビちゃん♪
 
 
かのちゃんのパパもフランケンくんなので、
 
今回生まれたベビちゃんは、
 
かのちゃんの異母弟か妹ですね♪
 
元気にすくすく大きくなぁれ♪
 
 
 
撮影:2018/6

2018年7月 3日 (火)

おウマさん in 多摩動物公園

 
おウマさん:『ねぇねぇ、そこで何してるの?』
 
Horse2018061
 
 
Lala:『写真撮らせてもらってるのよ』
 
 
 
おウマさん↓:『写真?それなら・・・』
 
Horse2018062
 
 
 
 
おウマさん↓:『うふ♪ カワイク撮ってね!』 
 
Horse201806
 
 
 
お馬さんがいるのは、
 
多摩動物園の最奥なので、
 
滅多に行かれない(歩く気力が残ってない^^;;;;)のですが、
 
 
今回、がんばって行ってみたら、
 
の~んびりとした雰囲気で
 
おウマさんたちもマッタリした感じで、
 
楽しく撮影させてもらいました^^
 
おウマさん、ありがとう♪
 
 
 
撮影

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

チワワの『まる』について

  • ロングコートチワワ・2008年7月7日生まれ 毛色はレッド 甘えん坊で人見知りでですが、おだやかな性格の女の子です

著作権

  • Copyright (C) 2007-2015 Lala live2 All Rights Reserved.

お知らせ

  • 写真等の無断転載、利用等はご遠慮ください。当ブログの写真を使用なさりたい方は、lalalamumin☆yahoo.co.jpまでご連絡下さい(☆は@に変更して送信して下さい)。なおビジネス関連の用途の場合、写真の貸与は無償ではありません(特別な事情がある場合にはご相談ください)。ご理解のほどよろしくお願い致します。by管理人Lala                           If you would like to use images on this blog, please contact me. lalalamumin☆yahoo.co.jp ( please replace ☆ with @.)

カメラ・レンズ

  • Canon EOS Kiss X7i(2016年末頃~) Canon EOS 40D (2015年12月~) Canon EOS Kiss Dx (2007年12月~)・Canon G9X・PowerShot S120/S100/S95 ・Canon Power shot A540(2006年6月頃~2007年11月)・CANON EF70-200mm F2.8L USM・CANON 100-300 f4.5-5.6・TAMRON 18-200 f3.5-6.3・TAMRON 28-75 f2.8・TAMRON 70-200 f2.8
無料ブログはココログ

カテゴリー

About me

  • Hi there! I'm Lala. I'm a Japanese living in Tokyo. I'm an English speaking licensed guide and authorized tour conductor. If you have questions, please leave comments on this blog or send me e-mails. lalalamumin☆yahoo.co.jp (please replace ☆ with @ when you send me e-mails)