« チンアナゴさん ニシキアナゴさん in すみだ水族館 | トップページ | ジャンボオランダさん in すみだ水族館 »

2016年10月 5日 (水)

芸術祭十月大歌舞伎 八代目中村芝翫襲名披露

Kabuki201610_2

 
中村芝翫さんと3人の息子さんの襲名披露公演夜の部を観てきました
 
 
人気役者が大名跡を継ぐとあって、
 
公演3日目平日夜でしたがびっしり満員
 
ロビーには芝翫さんの奥様、三田寛子さんのお姿も
 
テレビで観る以上に、とてもお綺麗な方でした
 
 
↓今回の席からの眺め
 
Kabuki2016103
 
東側桟敷前のこの辺りが、都民劇場では定番のよう
 
私も3、4回目。
 
観やすい席です
 
 
中央後方の席は、ともすると前の人と重なって舞台が観にくいこともあるのですが、
 
この辺りは舞台中央が斜め方向なので、案外視界が開けます
 
 
さて、今回の演目
 
Kabuki2016101
 
一、外郎売
 
歌舞伎十八番の一つ。
 
歌舞伎ではおなじみのキャラ、曽我五郎が
 
小田原名物外郎売になりすまし、
 
妙薬外郎について、立て板に水のような口調で説明しながら
 
親の仇に近づく機会を狙っている・・・という話
 
 
舞台には美しく着飾った遊女や、侍達がずらりと並び、
 
背景には富士山  がそびえ
 
とても華やか
 
早口言葉のようなセリフを、よどみなく述べるのが見せ場です
 
 
今回曽我五郎を演じたのは、尾上松緑さん。
 
昨年「矢の根」を観た際も、松緑さんが五郎を演じていたので、
 
私の中で、曽我五郎のイメージが松緑さんになってしまうかも・・・
 
 
様式美満載の江戸荒事、曽我狂言
 
ザ・歌舞伎な感じで、とても楽しいです
 
 
二、口上
 
裃姿の大物役者さんたちがずらりと並んで、襲名披露のご挨拶をする口上。
 
今回は藤十郎さん、玉三郎さん、菊五郎さん、
 
吉右衛門さん、菊之助さん、七之助さんほか超豪華メンバーが勢揃い
 
 
新芝翫さんは、襲名公演直前にイロイロあったので、
 
ちょっと菊五郎さんがイジったりして笑いをとっていました
 
口上の挨拶の内容は本人が考えているのか
 
挨拶が上手な方と、そうでもない方がいます。
 
そんなところから役者さんの素の部分が感じられて楽しかったです
 
 
↓祝幕 佐藤可士和さんのデザイン
 
Kabuki2016102_2
 
三、熊谷陣屋
 
一ノ谷の合戦で、後白河法皇のご落胤平敦盛の首を取った熊谷直実。
 
しかし実際は、主君義経の頼みにより敦盛を逃がすため、
 
敦盛と同い年の自分の息子を身替わりとし、
 
その首を取って献上したという悲しいお話。
 
 
直実を中村芝翫さん
 
直実の妻を中村魁春さん
 
義経を中村吉右衛門さん
 
敦盛の母を尾上菊之助さん
 
弥平兵宗清を中村歌六さん
 
 
 
熊谷直実は義経の忠臣であり、凄腕の武将。
 
でも同時に、心の優しい人。
 
主君を思う気持ちと、子を思う気持ち。
 
観ていて本当に切なかったです
 
 
しかも、義経が敦盛を救おうとする背景には、
 
義経が3歳のとき、母、兄とともに、
 
平家の武将だった弥平兵宗清に救ってもらったということがあり・・・
 
 
いやはや、芝翫さんをはじめ皆さん大熱演。
 
すっかり引き込まれました。
 
浄瑠璃の迫力かつ哀切な節回しも素晴らしかったです。
 
ぜひまた観たい作品となりました
 
 
そして最後は
 
坂東玉三郎さんの「藤娘」
 
私、これを本当に楽しみにしていたのです~
 
 
幕開きで暗転・・・
 
本当にまっっくら・・・何も見えない・・・・
 
 
そして一気に舞台に灯り
 
 
見事な枝振りの松に藤がからみ、大きな花がたくさん下がっています
 
そしてその下、舞台中央に、
 
まぶしいくらい美しい、藤娘に扮した玉三郎さん~
 
いや~もう、クラクラしました
 
 
歌舞伎や玉三郎さんを知らない人が観たら
 
「うわ~!!!若くてすっごい美人のおねえさんだ~ 」って思ったことでしょう。
 
 
すごいですよね~!
 
本当は若くも女性でもないんですから
 
 
細くて可憐でしなやかで
 
藤娘は「藤の精」なのですが、まさに妖精のような風情でした
 
 
そして藤娘が恋をして、結ばれて、大人の女性になって・・・という内容を
 
衣装を次々に替えながら踊りで表現されたわけですが・・・
 
もうなんというか、
 
私は竜宮城に連れて行かれた浦島太郎のような気分でした
 
ただもうひたすら、「うわ~うわ~うわ~っ」て感じ
 
夢の世界でした
 
 
それにしても、
 
あの広~い舞台で踊っているのはただ一人・・・
 
 
なのに舞台全体が輝き、満ちあふれているように感じられる・・・
 
異次元の世界~
 
 
拝見できて、本当に幸せでした 感謝でございます
 
 
あぁ願わくば・・・玉三郎さんの舞踊公演をぜひ東京で~  
 
 
 
 
はぁ・・・
 
熊谷陣屋でせつない気持ちになっていたのですが、
 
藤娘でいっきに極楽気分
 
お陰様で、とっってもハッピーな状態で帰路につきました
 
長いレポートを読んでくださりありがとうございました

« チンアナゴさん ニシキアナゴさん in すみだ水族館 | トップページ | ジャンボオランダさん in すみだ水族館 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« チンアナゴさん ニシキアナゴさん in すみだ水族館 | トップページ | ジャンボオランダさん in すみだ水族館 »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

チワワの『まる』について

  • ロングコートチワワ・2008年7月7日生まれ 毛色はレッド 甘えん坊で人見知りでですが、おだやかな性格の女の子です

著作権

  • Copyright (C) 2007-2015 Lala live2 All Rights Reserved.

お知らせ

  • 写真等の無断転載、利用等はご遠慮ください。当ブログの写真を使用なさりたい方は、lalalamumin☆yahoo.co.jpまでご連絡下さい(☆は@に変更して送信して下さい)。なおビジネス関連の用途の場合、写真の貸与は無償ではありません(特別な事情がある場合にはご相談ください)。ご理解のほどよろしくお願い致します。by管理人Lala                           If you would like to use images on this blog, please contact me. lalalamumin☆yahoo.co.jp ( please replace ☆ with @.)

カメラ・レンズ

  • Canon EOS Kiss X7i(2016年末頃~) Canon EOS 40D (2015年12月~) Canon EOS Kiss Dx (2007年12月~)・Canon G9X・PowerShot S120/S100/S95 ・Canon Power shot A540(2006年6月頃~2007年11月)・CANON EF70-200mm F2.8L USM・CANON 100-300 f4.5-5.6・TAMRON 18-200 f3.5-6.3・TAMRON 28-75 f2.8・TAMRON 70-200 f2.8
無料ブログはココログ

カテゴリー

About me

  • Hi there! I'm Lala. I'm a Japanese living in Tokyo. I'm an English speaking licensed guide and authorized tour conductor. If you have questions, please leave comments on this blog or send me e-mails. lalalamumin☆yahoo.co.jp (please replace ☆ with @ when you send me e-mails)