« ライオンのちびっ子たち in 多摩動物公園 | トップページ | ライオンさん in 多摩動物公園 »

2015年10月26日 (月)

芸術祭十月大歌舞伎 昼の部

十月大歌舞伎

Kabuki201510241_2


あれ、先日も観に行ったんじゃ・・・という感じですが^^;;

前回は夜の部

今回はpacapyさんと昼の部を観てきました。

 

初めて2等席。

1階の後から4列目だけど舞台中央の位置。

舞台も花道も見やすくて、良いお席でした。

 

演目は

一、音羽嶽だんまり

二、矢の根

三、一條大蔵譚

四、人情噺文七元結

 

一つ目は歌舞伎らしい様式美にあふれた演目。

歌舞伎には決まり事があって、

それを知らなくても楽しめるけれど

知っているとさらに面白い、というところがあると思います。

イヤホンガイドを利用すると、タイミング良く決まり事を教えてくれます。

 

尾上松也さんがメインの役を演じたのですが、

華があっていいなぁ~と思いました。

最後の飛び六方も、力強く迫力がありました。

 

二つ目は矢の根

江戸歌舞伎の十八番。

歌舞伎と聞いた時に多くの人が思い浮かべる

顔に赤いスジを描き、髪がトゲトゲしている大男が主役です。

ザ・江戸歌舞伎!って感じで、好きです(* ̄∇ ̄*)

 

ちなみにこのメイクアップを隈取といい、

赤い隈取をしている人は善人(⌒▽⌒)

青・茶・黒などの隈取をしている人は

根っからの悪人や怨霊。

 

今回尾上松緑さんが主人公曽我五郎を演じました。

松緑さんはスラっとして小顔な方なのに

この役のときは、顔がかなりの大きさ。

(この役は顔が小さいと、迫力が出ません)

鬘で顔まで大きくしている?

あるいは芸のなせる技?

 

三つ目は一條大蔵譚

平家全盛の時代の、源氏ゆかりの者たちの話。

公家の大蔵卿は阿呆で知られているけれど、

それは世をあざむく仮の姿。

本当は源氏縁の文武に秀でた人。

この役を片岡仁左衛門さん。

源氏の忠臣吉岡鬼次郎を尾上菊之助さんが演じました。

 

ぶっ返りという歌舞伎独特の表現(着物をばっっと広げる演出)も見られました。

羽根を広げたクジャクみたいな感じ?!かな。

また、義太夫節(浄瑠璃語り)が迫力満点で、圧倒されます。

最近義太夫節の魅力にはまりつつあります・・・(* ̄ー ̄*)ゞ

 

仁左衛門さんには独特のオーラがあって、つい引き込まれます。

菊之助さんもホレボレな男っぷりでした。

 

四つ目は人情噺文七元結

原作は落語だそうで、笑いあり、涙ありの、人情話。

腕はいいけど、博打と酒ですってんてんの左官の長兵衛を尾上菊五郎さん。

 

ダメダメな父親なのですが、情に厚く、

なんというか憎めない職人さんを

ユーモアたっぷりに演じておられました。

 

見ているうちに、歌舞伎ということ忘れてしまう

江戸の下町コメディドラマ。

見終えた後、心ホンワカな感じのお話なので

「今日の歌舞伎、楽しかったね~」な気持ちで帰路につけました(⌒▽⌒)

 

このように、異なる芝居の見せ場をピックアップして上演する形を

「見取り」というそうです。

一方、一つのお話を通して上演するのは「通し狂言」。

 

私はどちらかというと「見取り」が気楽で好きかも。

いいとこ取りでお得な感じですし~(⌒▽⌒)

 

Kabuki20151024_2


↑左のスヌーピーのモノは、歌舞伎座のクリアファイル。

夜の部で上演された「阿古屋」にスヌーピーが扮しています。

 

相撲も歌舞伎も、行くたびにツイ何か小さなモノを買ってしまう・・・^^;;;

 

 

ともあれ、歌舞伎初観劇のpacapyさんも楽しめたそうなので

これからは一緒に行かれるかなと♪

ますます歌舞伎熱が高まりそうです(⌒▽⌒)

 

 

撮影:2015/10/24

« ライオンのちびっ子たち in 多摩動物公園 | トップページ | ライオンさん in 多摩動物公園 »

コメント

歌舞伎座に行かれたのですね!
私は、金曜日に 演舞場に行ってきました
お気に入りの席は 舞台全体が見渡せる2階最前列です。

歌舞伎って 昼と夜と演目の違うことが多いでしょ?
どうしても選べない(観たい)時は 私も両方拝見しています。
なので、歌舞伎座・演舞場・明治座etc. かなりの取捨選択が必要で
もっぱらご贔屓筋の公演か、観たい作品を優先するようにしています。

今回の公演は、アニメ作品だったので ヤマトタケル以上に歌舞伎色が薄く―
THE 歌舞伎!ファンの方には 少し物足りないかなぁ~ と。

個人的には、播磨屋さんの寺子屋・松王丸とか、猿之助(四代目)さんの四の切、
黒塚などが好きです。

今度、ゆ~っくりと 歌舞伎談話したいですねっ

き~たんママさん、コメントをありがとうございます\(^o^)/
 
新橋演舞場に観に行っていらしたのですね~♪

>お気に入りの席は 舞台全体が見渡せる2階最前列です。

おぉぉぉ・・・この席を取れるということは、
松竹のゴールド会員さん!あるいは後援会員!
いずれにしてもスゴイです~☆⌒d(*^ー゚)b グッ!!

>もっぱらご贔屓筋の公演か、観たい作品を優先するようにしています。
私も好きな役者さんと演目が揃ったときは、ちょっと頑張って観に行っちゃったりします~♪
 
私は踊りがとても好きなので、一番はやっぱり玉三郎さんです~。
でもお芝居なら、やはり吉右衛門さんが観たいです。
猿之助さんは、踊りも芝居も、さらにお人柄も好きです~。

博多座公演のとき、まだ若手だった亀治郎さんのトークショーを拝見したのですが
実にマジメで常識的、かつ知性あふれるお人柄に驚きました。
「福岡に来た時、必ず行くところは?」という質問に
「ジュンク堂」と答えてらしたことが印象に残っていますσ(^o^)
そして公演では踊りに見惚れました。私が歌舞伎好きになったきっかけは、亀治郎さんの踊りでした。
猿之助さんの舞踊公演、観に行きたいです(今年は逃しました(T0T)
 
ワンピースも観に行きたいな~とは思ったのですが、漫画もアニメも観たことがないし
私もいわゆる「歌舞伎」が好きなので・・・迷ったすえ、歌舞伎座公演にしました/(+_+)\。
 
>今度、ゆ~っくりと 歌舞伎談話したいですねっ
ぜひぜひぜひ~\(^o^)/よろしくお願いします!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ライオンのちびっ子たち in 多摩動物公園 | トップページ | ライオンさん in 多摩動物公園 »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

チワワの『まる』について

  • ロングコートチワワ・2008年7月7日生まれ 毛色はレッド 甘えん坊で人見知りでですが、おだやかな性格の女の子です

著作権

  • Copyright (C) 2007-2015 Lala live2 All Rights Reserved.

お知らせ

  • 写真等の無断転載、利用等はご遠慮ください。当ブログの写真を使用なさりたい方は、lalalamumin☆yahoo.co.jpまでご連絡下さい(☆は@に変更して送信して下さい)。なおビジネス関連の用途の場合、写真の貸与は無償ではありません(特別な事情がある場合にはご相談ください)。ご理解のほどよろしくお願い致します。by管理人Lala                           If you would like to use images on this blog, please contact me. lalalamumin☆yahoo.co.jp ( please replace ☆ with @.)

カメラ・レンズ

  • Canon EOS Kiss X7i(2016年末頃~) Canon EOS 40D (2015年12月~) Canon EOS Kiss Dx (2007年12月~)・Canon G9X・PowerShot S120/S100/S95 ・Canon Power shot A540(2006年6月頃~2007年11月)・CANON EF70-200mm F2.8L USM・CANON 100-300 f4.5-5.6・TAMRON 18-200 f3.5-6.3・TAMRON 28-75 f2.8・TAMRON 70-200 f2.8
無料ブログはココログ

カテゴリー

About me

  • Hi there! I'm Lala. I'm a Japanese living in Tokyo. I'm an English speaking licensed guide and authorized tour conductor. If you have questions, please leave comments on this blog or send me e-mails. lalalamumin☆yahoo.co.jp (please replace ☆ with @ when you send me e-mails)