« ロンドン FEB 2012  ナイツブリッジ&ホテル編 | トップページ | チワワのまるちゃん 梅 »

2012年3月 5日 (月)

ロンドン FEB 2012  ウォレスコレクション&リバティ編

今回の旅行で、ぜったいに行きたい!!って思っていた美術館が

 

The Wallace Collection

(美術館内や絵画の写真はポストカードを撮ったものです)

 

国立の美術館ですが、こぢんまりしています。

数あるロンドン市内のミュージアムの中では

マイナーな方なのかも知れません。

 

ここに展示されているのは、ハートフォード家のコレクション。

展示している美術館は、ハートフォード候の邸宅。

入ってみたかったのです~ 

貴族のお屋敷に smile

 

 

館内の様子

Wallace1_2

ハートフォード家の主はフランスのアートが大好きだったそうで

フランス美術のお宝が、ところ狭しと展示されています。

ウォレスコレクションを『ロンドンの中のパリ』と紹介している本もありました。

 

ハートフォード家のコレクションなのに、

ウォレスコレクション???

 

と疑問に思われるかもですが、

ハートフォード家のコレクションと邸宅を

非嫡出子のリチャード・ウォレスが相続。

後にウォレスの未亡人がコレクションをイギリス政府に寄贈。

1900年にコレクションがハートフォード家の邸宅で一般公開。

という美術館の成り立ちゆえ、そうした名称になっているようです。

寄贈時の約束で、

コレクションは加えられることも、減ることもないそうです。

よって、外部に貸し出されることもないのです。

つまり、ここに来ないと見られない・・・わけなのです

どのような作品があるのかというと・・・たとえば

 

フラゴナールのブランコ

Swing_4

(右でブランコを揺らしている年配の男性が、中央の女性の夫

左にいるのが若い愛人なのだとか・・・

この絵、近くで見ると、人物たちの目 eye がコワ~いんです^^;)

 

 

他にも、ルーベンスやレンブラント、ベラスケスやデラローシュ、

ゲインズバラやブーシェなどなど

有名どころの絵がところ狭しと壁にかけられていて

驚きます。

 

 

こちらの美術館で、一番人気モノは

フランスハルツの『笑う騎士』かもです。

Laughing_2

この絵をハートフォード候が高値で購入したことで

フランス・ハルスは一躍有名な画家になったそうです。

何でも、4代目ハートフォード候は、ロスチャイルド男爵と競り合って

推定額の6倍もの値段でこの絵を買ったのだそうな・・・

 

男性の肖像画といえば、いかめしい感じのが多いですが

この絵は、なんとも人間的な表情で、

見ていると、ついこちらも微笑んでしまう感じです。

 

Lalaがとくに見たかったのは

ブーシェの描いたポンパドゥール夫人

Pompadour

ポンパドゥール夫人の肖像画は、いくつもあるようですが

この絵の夫人はとくにキレイ~

(夫人が亡くなる5年前、38歳くらいのときに描かれたらしい)


ちなみにポンパドゥール夫人は

平民出身ながら、知性と美貌でルイ15世の愛人となった女性。 

芸術を愛し、芸術家たちのパトロンでもあり、

ポンパドゥール夫人の時代に、優雅なロココの様式が発達したのだとか。

彼女が愛好したセーブル(陶器)もたくさん展示されていました。

 

お屋敷の中がとても美しいですし

こぢんまりとした空間で、ゼイタクに作品を見られる美術館。

かなり気に入ってしまいました。

次にロンドンに行ったら、また必ず訪れたい美術館です。

Wallace_3

 

 

そして次に訪れたのが、

大好きな老舗デパート

リバティ

Liberty

チューダー風の建物が素敵です。

中は木が多く使われていて、なんとも居心地のよい雰囲気。

 

リバティプリントと呼ばれる英国の伝統的なプリントが有名です。

 

 

前回訪れたとき購入したのが、こちら↓のバッグ

Bag


そして今回購入したのは、↓トレイ

Tray


さっそく愛用しています。

トレイはなかなかリーズナブルにゲットできてウレシかったです♪

 

 

リバティの中のカフェで、軽食をいただきました♪

Soup


ビーツのスープの色がとても鮮やかでした happy01

 

さてお味はといえば・・・

 

スープ好きのLalaにとっては、

ちょっとカルチャーショックなお味でもありました coldsweats01

 

『ダシ』なるものの味がせず、

じつに・・・

コクがない・・・ catface

 

Soup1

とはいえ、もともとさっぱり系の味が好きですし wink

野菜の味はしっかりしていたので、

食べているうちに慣れてきて、

それなりに美味しくたいらげたのですけれども~ bleah

 

 

ちなみに、帰国直後、成田で姉と2人つぶやいた言葉は

『しょっぱい味のラーメン noodle が食べたいね』でした^^;;;

« ロンドン FEB 2012  ナイツブリッジ&ホテル編 | トップページ | チワワのまるちゃん 梅 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロンドン FEB 2012  ナイツブリッジ&ホテル編 | トップページ | チワワのまるちゃん 梅 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

チワワの『まる』について

  • ロングコートチワワ・2008年7月7日生まれ 毛色はレッド 甘えん坊で人見知りでですが、おだやかな性格の女の子です

著作権

  • Copyright (C) 2007-2015 Lala live2 All Rights Reserved.

お知らせ

  • 写真等の無断転載、利用等はご遠慮ください。当ブログの写真を使用なさりたい方は、     lalalamumin☆yahoo.co.jpまでご連絡下さい。(☆は@に変更して送信して下さい)    また、商用でご利用の方に、当方の写真を無償で貸与することは基本的にはしておりません。 ご理解のほどよろしくお願い致します。by管理人Lala                           If you would like to use images on this blog, please contact me. lalalamumin☆yahoo.co.jp ( please replace ☆ with @.)

カメラ・レンズ

  • Canon EOS 40D (2015年12月~) Canon EOS Kiss Dx (2007年12月~)・PowerShot S120/S100/S95 ・Canon Power shot A540(2006年6月頃~2007年11月)・CANON EF70-200mm F2.8L USM・CANON 100-300 f4.5-5.6・TAMRON 18-200 f3.5-6.3・TAMRON 28-75 f2.8・TAMRON 70-200 f2.8
無料ブログはココログ

カテゴリー

About me

  • Hi there! I'm Lala. I'm a Japanese living in Tokyo. I'm an English speaking licensed guide and an authorized tour conductor. If you have questions about sightseeing in Japan, please leave comments on this blog or send me e-mails. lalalamumin☆yahoo.co.jp (please replace ☆ with @ when you send me e-mails)