2016年9月28日 (水)

ポニョ? in すみだ水族館

ポニョ?
 
Goldfish_ponyo201609
 
 
すみだ水族館の「お江戸の金魚ワンダーランド」で、ポニョ顔の金魚さんに遭遇!
 
 
↓アートな水槽をのぞいて見たら
 
Goldfish_ponyo2016093
 
 
↓わ、ポニョがいる happy02
 
Goldfish_ponyo2016091
 
 
↓横から見れば、金魚なのですが
 
Goldfish_ponyo2016092
 
 
↓ポニョ~ note
 
Goldfish_ponyo2016094
 
 
金魚をじっくり見るのは、本当に久しぶりだったのですが、
 
かわいいですね~♪
 
とても癒やされました happy01
 
 
 
撮影:2016/9

2016年9月26日 (月)

祝 全勝優勝! 豪栄道関 平成28年大相撲秋場所

大関豪栄道関 全勝優勝!
 
おめでとうございます\(^o^)/
 
Photo
 
豪栄道関は今場所カド番
 
(大関は2場所連続で負け越した場合、
 
大関の地位から陥落します;;
 
カド番とは、前場所負け越しており、
 
今場所勝ち越さないと大関の地位を失う立場のことです)
 
 
カド番の場所は、とにかく勝ち越すことが大事となるので
 
相撲内容よりも、勝つことが優先されることが多い傾向にあります。
 
なので、大活躍を期待されることは少ないです。
 
 
加えて、今場所は稀勢の里関が優勝していよいよ横綱になる・・・
 
という期待が高まっていたので
 
豪栄道関には、さほど注目が集まっていたわけではなかったのですが
 
結果、全勝優勝!!!
 
しかも史上初のカド番大関の全勝優勝!
 
すばらしいです\(^o^)/
 
 
1
 
 
豪栄道関の学年は、相撲の当たり年というか、活躍している力士が多いです。
 
稀勢の里関、勢関、栃煌山関、妙義龍関、魁聖関などなど・・・
 
 
そしてこうした関取の紹介などのとき
 
『同学年に豪栄道関がいて、彼はアマチュアの頃からものすごく強くて・・・』
 
という話がよく語られていました。
 
 
また、『稽古場での豪栄道関は本当に強い』
 
ということも、しばしば耳にしていました。
 
 
しかし、本場所では・・・う~ん・・・
 
首投げと引き技が出ると、そこから調子を崩していく・・・という印象で
 
大関になってからはケガもあり、厳しい場所が続いていました。
 
 
それが今場所、
 
我慢して耐えて、一瞬のスキをついて前にでる!とか
 
ちょっと引いたけど、思い直して前に攻める!など
 
とにかく前に出る相撲が続き、
 
気付けば単独トップ!!!そして見事全勝優勝!!!
 
 
普段インタビューなどでも多くを語らない大関なので
 
優勝が決まった14日目のインタビューのとき
 
大粒の涙がボロボロあふれた様子に、こちらも胸が熱くなりました。
 
 
来場所は綱取りの場所(横綱になれるかどうかをかけて戦う本場所)
 
 
今場所のような前に出る相撲を取りきって、
 
ぜひ横綱になってもらいたいです!!!
 
応援しています\(^o^)/
 
Iri
 
 
 
撮影:場所入り写真2014/1 他は2016/9 

2016年9月24日 (土)

ミドリフグさん in すみだ水族館

愛くるしい容姿で大人気のミドリフグさん heart04
 
Green_spotted_puffer201609  
熱帯魚界のアイドルとも呼ばれるお方
 
 
体長2~3㎝ほどの小さなフグさん happy01
 
Green_spotted_puffer2016092
 
 
ぱっちりお目々で人々の心をワシづかみ happy02
 
Green_spotted_puffer2016094
 
 
ミドリフグさん↓:『オイラもこっちから、みんなのことを見てるんだよ wink
 
Green_spotted_puffer2016091
 
 
小さい水槽がたくさん並べられているコーナーで
 
ミドリフグさんの水槽前はいつも大渋滞 sign03
 
 
ほんとにキュートで、いつまでも見つめていたくなっちゃいます happy01
 
Green_spotted_puffer2016093
 
混雑している所での撮影は難しいし、迷惑になるので
 
たくさん人がいるときは、
 
後方で写真整理したりしながらのんびり待機しています。
 
 
そうするうちに、不思議とぱったり人が切れる瞬間があるものなので、
 
そうした機会に、さささささっっっっと撮らせてもらってます happy01
 
 
とはいえ、猛烈な混雑が見込まれる日(G.W.とかお盆とか)に
 
動物写真を撮るのは私には難しいので、
 
撮影には行かないのですけど ^^;
 
 
撮影:2016/9

2016年9月22日 (木)

お相撲さんファッションチェック 平成28年秋場所

最近は幕下上位、十両の取組も非常に面白く見逃せない!のですが、
 
やはり入り待ちをしないと、何か忘れてきたような気持ちになるので、
 
十両の取組が始まるギリギリまで入り待ちしました happy01
 
 
このところ入り待ちするファンが増えたので、
 
国技館も規制線が引かれるようになりました。
 
力士にとっては、ファンが近寄りすぎないので、その方がいいかもですね wink
 
 
ではさっそく着物チェック
 
↓英乃海関はパステルグリーン
 
Hidenoumi
 
↓英乃海関は今場所から
 
ショッキングピンクのまわしをしめていることでも話題に smile
 
Hidenoumi1
 
 
 
↓今場所快進撃中の高安関
 
Takayasu
 
 
 
↓抜群の運動神経を生かした相撲が魅力の千代の国関
 
Chiyonokuni
 
足のところには「国」と書かれています
 
 
 
↓朝霞市出身の大栄翔関
 
Daieisyo
 
帯と着物の組み合わせがきれいです wink
 
 
↓大きな大きな碧山関
 
Aoiyama
 
足元には故郷ブルガリアの国旗
 
 
 
↓速攻相撲が魅力の佐田の海関
 
Sadanoumi
 
だいぶ関取衆の着物姿を見慣れてきたのですが
 
やっぱり派手ですね~!そして似合ってる happy02
 
 
↓突き押し相撲の琴友輝関
 
Kotoyuuki
 
足元に迫力の獅子 leo
 
 
 
↓そして豊響関
 
Toyohibiki1
 
↓背と前の足元に四股名が入っています
 
Toyohibiki
 
これぞお相撲さんの着物!って感じ
 
 
 
 
↓宝富士関
 
Takarafuji_2
 
富士山と宝船 桃色の地 縁起の良さそうな着物ですね
 
 
 
↓嘉風関
 
Yoshikaze
 
飛天の柄が神々しい感じ
 
 
 
↓帯に故郷ジョージアの国旗、臥牙丸関
 
Gaamaru_2
 
↓背中の柄もスゴイです!
 
Gaamaru1
 
 
 
↓大阪出身の大翔丸関 
 
Daishomaru
 
足元に大阪城!
 
 
 
↓今場所突き押し相撲が冴える玉鷲関
 
Tamawashi
 
↓背中に鷲 shine
 
Tamawashi1
 
 
↓そしてブラジル出身魁聖関 
 
Kaisei  
 
帯にはブラジル国旗、足元にはコルコバードのキリスト像!
 
 
背には四股名
 
Kaisei1
 
場所入りのとき、とくに初日は
 
緊張した表情の関取が多いのですが、
 
魁聖関はいつもフレンドリーな笑顔 happy01
 
 
三役になり、掛け声もたくさんかかって、いつもよりさらに笑顔でした wink
 
 
 
撮影:2016/9/11
 
 
 

2016年9月20日 (火)

ハナミノカサゴさん in すみだ水族館

ゴージャス番長、ハナミノカサゴさん
 
Red_lionfish201609
 
ハナミノカサゴさんは、ゴージャスなヒレに毒棘を持つ危険なお魚。
 
 
そんなハナミノカサゴさんの天敵って誰なのかしら~と調べてみたのですが、
 
なんとミノカサゴさんたちには天敵がおらず、
 
食物連鎖の頂点に君臨!!!
 
さほど大きいお魚でもない(大きいもので30㎝ほど)のでビックリです。
 
 
ひらひら優雅な雰囲気ですが、
 
少ししか獲物がいない環境でも、
 
狩りができるという、かなり遣り手のハンター!
 
餌となる魚がそのエリアに全くいなくなるまで居座り
 
徹底的に獲り尽くすので
 
”ターミネーター(終わらせるもの)”という異名でも呼ばれているのだとか。
 
 
本来太平洋やインド洋に生息するハナミノカサゴさんが、
 
近年大西洋に現れ、在来種を滅ぼしてしまっているとのことも・・・。  
 
 
ちなみにハナミノさんは、日本近海で見かけることもできるそうですが、
 
好戦的な面があるので、むやみに近づくと襲ってくるとのこと。
 
キレイなものには棘がある・・・クワバラクワバラ・・・お気をつけください。
 
 
撮影:2016/9

2016年9月18日 (日)

琉金さん in すみだ水族館

Goldfish2016091

 
 
まるで、浮かんでいるみたい
 
Goldfish2016092
 
横に長い水槽を、縦にとってみました^^
 
Goldfish201609_3
 
水族館でこんなにたくさんの金魚を見たのは初めてかもしれません。
 
美しく、そして可愛らしくて、夢中になりました^^
 
 
撮影:2016/9

2016年9月16日 (金)

東京大水槽 in すみだ水族館

伊豆諸島・小笠原諸島など、
 
東京諸島周辺の海を再現している東京大水槽 shine
 
深いブルーに癒やされます confident
 
Tokyosea201609
 
 
↓コワモテな方もご一緒でした coldsweats01
 
Tokyosea2016091
 
シロワニさんというとても大きなサメですが、
 
温厚な性質なので、人を襲うことは滅多にないそうです confident
 
Tokyosea2016092
 
 
今回初めて、
 
スカイツリータウンソラマチにある「すみだ水族館」に行ってきました happy01
 
かわいい金魚たちもたくさん観る(撮る)ことができて楽しかったです note
 
 
撮影:2016/9

2016年9月14日 (水)

平成28年大相撲秋場所 宇良関と隠岐の海関 

今、最も注目を集めている関取の一人が、
 
十両の筆頭(十両で一番上の位)の、宇良関(左) shine
 
Ura20160911
 
1992年生まれの宇良関は、
 
中学時代までレスリングに力を入れていたそうです wink
 
身体は大きくないのですが
 
低い姿勢を保つことができ、身体のバネを生かして多彩な技を繰り出します happy01
 
やたら巨体の力士が多い大相撲界では
 
かなり異色、そして期待の星 shine
 
 
この日の対戦相手は、同じく十両筆頭の大砂嵐関。
 
大砂嵐関はケガによる休場が影響して今場所は十両にいるのですが、
 
数年前から幕の内で活躍している力士。
 
怪力と荒っぽい相撲が持ち味の強敵です punch
 
 
↓さて、宇良関は大砂嵐関とうまく距離を取って勝負していたのですが、
 
Ura201609111
 
 
↓大砂嵐関に、上手をがっつり取られてしまい・・・ wobbly
 
Ura201609113
 
↓絶体絶命・・・ shock
 
Ura201609114
 
普通ならこれで投げられてしまいますが
 
↓身体のバネを生かしてなんとかしのぎ happy01
 
Ura201609115
 
↓大砂嵐関の足を取って寄り倒し、宇良関の逆転勝利 happy02 sign03
 
Ura201609116
 
 
前傾姿勢を保ち続けられる体力、気力 confident
 
そして小柄ながらも身体能力の高さを生かして繰り出す数々の技!
 
とても魅力的な関取です happy02
 
 
ただ、今後幕の内にあがったら、大きくて重くて強い関取だらけなので
 
重傷を負わされることにならないよう
 
十分な鍛錬とケアを徹底していってほしいです confident
 
 
 
ところで、今場所一番の目玉は稀勢の里(左)の綱取りだったのですが
 
Kiseokinoumi20160911
 
初日にあっけなく隠岐の海関に敗れてしまいました shock sweat01
 
国技館はため息の嵐 typhoon typhoon typhoon
 
なので私は
 
「こうなったら隠岐の海が責任取って優勝しなきゃ!!!」と
 
つぶやいたのですが、
 
pacapyさんは「そりゃ無理でしょ~」と・・・ catface
 
 
しか~し、
 
隠岐の海関は2日目に横綱鶴竜を倒し、
 
3日目には横綱日馬富士にも勝ったのです happy02!!!
 
後12日もあるので、まだまだ分かりませんが smile sweat01
 
 
 
 
ちなみに観戦と買い物を終えて国技館を出たところ、
 
ちょうど隠岐の海関が帰るところに遭遇 happy01
 
(大関や横綱以外の力士は、勝負が終わると通常徒歩で国技館から出てきます)
 
しばし関取のすぐ隣を歩いたのですが
 
隠岐の海関は背が高く(191cm)、がっちりしていて手も長く
 
とても恵まれた体格をしているなぁと、改めて感じました wink
 
↓2014年秋場所の場所入りの様子
 
Okinoumi2014021
 
 
2014年に結婚もされたことですし、
 
隠岐の海関に今場所は大暴れしてもらえたらと思います happy02
 
↓2014年夏場所の場所入りの様子
 
Okinoumi20140518  
 
隠岐の海関はとてもお洒落、との評判 shine
 
場所入りでも、ちょい渋めな着物をさらっと着こなしていて、
 
注目を集めていました happy01
 
 
 
撮影:隠岐の海の着物写真は2014年 それ以外は2016/9/11

2016年9月12日 (月)

平成28年大相撲秋場所 遠藤関

大相撲秋場所、初日を観てきました happy01

初日ならではの催しなど(賜杯返還、協会挨拶、優勝額の除幕式等)も
 
とても興味深かったです wink
 
 
でもやっぱり気になるのは、
 
遠藤関 shine
 
 
 
場所入りの様子
 
20160911
 
今回はショッキングピンクの着物ではなく、 
 
爽やかなスカイブルー mist
 
表情もキリリと引き締まっていました wink
 
 
土俵入り shine
 
201609111
 
 
破竹の勢いで出世してきたのですが、
 
2015年3月に膝を大けがしてからは、
 
思うような相撲が取れず、苦しい場所が続いていました weep
 
 
美しい四股は健在 shine
 
201609112
 
 
初日の対戦相手は「平成の猛牛」とも呼ばれ、前に出る圧力が際立つ豊響関 rock
 
 
突進力のある相手には、一気に突き飛ばされてしまうこともあるので
 
ちょっとドキドキしたのですが、
 
今回は前褌をすばやく取り、すぐに遠藤関の形に happy01
 
201609113
 
多少の攻防はありましたが、
 
無事に寄り切りました happy02
 
201609114
 
大けがをして以来、
 
なかなか初日に勝てていなかったので
 
ホッした表情のようにも見えます wink
 
201609115
 
 
遠藤関が活躍するのとしないのとでは
 
大相撲全体の盛り上がりが大きく異なります confident
 
 
 
ケガを乗り越え、じっくり強くなっていってほしいです happy01
 
 
撮影:2016/9/11
 

2016年9月10日 (土)

タテジマキンチャクダイさん in サンシャイン水族館

ゴージャスなこちらの方はタテジマキンチャクダイさん
 
Emperor_angelfish2016071
 
この方の縞模様、よくみると、迷路みたいになっていますね。
 
もっときっぱりとストライプ柄の方もいます。
 
 
タテジマキンチャクダイの幼魚さんはぐるぐる迷彩柄なので
 
この方は幼魚から成魚へ成長の過程なのかも~と思いましたが、
 
どなたかご存じだったら教えてくださいm(_ _)m
 
 
 
↓こちらがタテジマキンチャクダイの幼魚さん
 
Emperorangelfish20140731
 
 
 
とても美しいタテジマキンチャクダイさんの英名は
 
エンペラーエンゼルフィッシュ
 
ゴージャスな容姿にぴったりの名前と思います^^
 
 
Emperor_angelfish201607
 
 
ところで「タテジマじゃなくて、ヨコジマじゃん」と思われる方もいらっしゃるかもですが、
 
お魚は口から尾にかけてを縦と呼ぶのだそうです^^
 
 
 
撮影:成魚2016/7 幼魚2014/7(葛西臨海水族園)

«クギベラさん in サンシャイン水族館 & 星野道夫の旅展

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

チワワの『まる』について

  • ロングコートチワワ・2008年7月7日生まれ 毛色はレッド 甘えん坊で人見知りでですが、おだやかな性格の女の子です

著作権

  • Copyright (C) 2007-2015 Lala live2 All Rights Reserved.

お知らせ

  • 写真等の無断転載、利用等はご遠慮ください。当ブログの写真を使用なさりたい方は、     lalalamumin☆yahoo.co.jpまでご連絡下さい。(☆は@に変更して送信して下さい)    また、商用でご利用の方に、当方の写真を無償で貸与することは基本的にはしておりません。 ご理解のほどよろしくお願い致します。by管理人Lala                           If you would like to use images on this blog, please contact me. lalalamumin☆yahoo.co.jp ( please replace ☆ with @.)

カメラ・レンズ

  • Canon EOS 40D (2015年12月~) Canon EOS Kiss Dx (2007年12月~)・PowerShot S100 ・Canon Power shot A540(2006年6月頃~2007年11月)・CANON EF70-200mm F2.8L USM・CANON 100-300 f4.5-5.6・TAMRON 18-200 f3.5-6.3・TAMRON 28-75 f2.8・TAMRON 70-200 f2.8
無料ブログはココログ

カテゴリー

About me

  • Hi there! I'm Lala. I'm a Japanese living in Tokyo. I'm an English speaking licensed guide and an authorized tour conductor. If you have questions about sightseeing in Japan, please leave comments on this blog or send me e-mails. lalalamumin☆yahoo.co.jp (please replace ☆ with @ when you send me e-mails)